チョウチョウウオの長期混泳飼育をめざして

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メインタンクの水換え

久しぶりに記事をUPしてみました。
なんと1年近く更新してなかったですね(笑)

メインタンクは相変わらずなので、
今回は水換えについてでも書くことにしましょう。

水換えと言っても、水槽の数だけやり方があると思いますが、
現在の我が家のメインタンクの場合、
基本的に2週に一度、40%程度換水しています。

ほんとはスイコーなんかの大容量タンクがあればいいんですけど、
使ってない時の置き場が無いし、
一度に大量の海水を準備すると扱いも大変なので、
使うのはもっぱらバケツです(笑)

01.jpg

海水は100%人工海水。
20年くらい前は天然海水を併用したりしてましたが、
今は一切使ってません。

海水魚の飼育を初めた頃は確かな製品も無かったので
100%天然海水でしたけど。。

ちなみに開封した人工海水は使い切るようにしています。
写真のバケツで一度に作れる海水は50L。
なので使うのは50L用のパッケージ。

100L換水するときは2回作ることになるので、
50L用のパッケージを2袋使います。

「それなら100Lのパッケージを買ったほうがよくない?」
なんて思われるかもしれません(笑)

確かに大袋やバケツのほうがコスト的には有利なのですが、
製造過程を見てからは
一度に作る海水分のパッケージを購入するようになりました。

さて、人工海水が溶けるまでは水槽内のお掃除タイム(笑)
底面の清掃をしながら換水分の飼育水を排水します。

02.jpg

03.jpg

鑑賞面はタオルで拭き拭き。

今のメインタンクは栄養塩をコントロールしているので
幸いにも部分的に薄っすらとしかコケが付きません。
柔らかいタオルでキレイになります。

04.jpg

メインタンクは低水位でも循環させられるようにしています。

主揚水ポンプは止めるので流量は少なくなりますが、
濾過を止めずに換水できるのはメリット。

05.jpg

水槽内の掃除が終わる頃には
人工海水も十分溶けて澄んだ状態に。

ここでひと手間。添加剤を投入します。
賛否はあるかもしれませんが、
ひとつひとつ試して効果のあるものだけを添加しています。

添加するものによって入れ方も変わります。

06.jpg

直接垂らしたり、

07.jpg

おおまかに測ったり、

08.jpg

厳密に量を決めていたり、

効果の有る無しは概ね4週で判断しています。

メーカーの謳い文句や評判は試してみるきっかけになりますが、
自分が飼育している生体にプラスかどうかは、
自分の水槽で試して自分で決めるしかありません。

09.jpg

1杯めの海水を入れ終わったところ。

チョウチョは吻先にダメージを負うと短命に終わるので、
換水時に低水位になって暴れ出した個体は
水槽面や岩組に激突しないようカゴに退避しています。

もともとカゴに入れている個体もいるので、
一時的にカゴだらけになっちゃいます(笑)

10.jpg

無事、換水終了。

ベアタンクじゃないので、
岩組にかくれてしまったりして全メンバーは写ってませんが、
ひとまずパチリ。

| 未分類 | 22:57 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

さすが、色々と工夫されてますね。
水換えバケツはウチと同じです(笑)。ウチのは80L仕様で、いつも2杯弱作って換水してます。添加剤、相変わらず色々使われてますね。そのあたり、研究熱心なかっしぃ。さんらしいです。

それにしても、なにげにサイズやオレンジマージンが写っているあたり、さすが廃人ですねぇ(笑)

しかしチョウチョウウオ飼いで、一番水槽汚いのウチじゃん(汗)

| 雪風 | 2013/10/20 12:11 | URL | ≫ EDIT

雪風さん

>添加剤、相変わらず色々使われてますね。

新製品が出ると気になっちゃうんですよ。
まぁ、健康食品と同じで有効なものは少ないですね(苦笑)

>なにげにサイズや

ありゃ、見つかっちゃいましたか(汗)
サイズはかなり背肉が戻ってきたので一安心といったところです。

| かっしぃ。 | 2013/10/20 15:18 | URL | ≫ EDIT

かっしい様、HPでは初めまして、こんばんは。

MACTE7の際に、いろいろと情報交換させていただきましたNKです。

水槽の換水、必要だとわかっていても色々あると面倒な時もありますよね。私の場合、1か月に1回100L(メイン水槽は全水量が350Lなので約1/3)換えますので、60Lのゴミバケツ(ポリバケツ)2個を風呂場に運び、そこでシャワーを放り込んで水を貯め、同時に温度合わせもします。人工海水は100Lを買ってきて2分割することになりますが、結局全部水槽に入れるので比重を測ったりはしません。この際、水槽内のコケは水槽壁面と底面をコケ取りでほぼ全部落としますが、1時間ぐらいは浮かんだコケが水槽内を大量に舞うことになります。これでも、特に魚達は病気になることもなく元気ですから、海水魚は丈夫ですよね。

本当は2週間に1回の間隔で換水すれば理想的なのはわかっていますが、なかなかできないものです。
私は添加剤の類は一切使っていないのですが、それなりにでも効果はありますか? まあ、そんな効果なのかが重要ですけど、参考までにお聞かせください。


| NK | 2013/10/29 01:07 | URL | ≫ EDIT

NKさん

いらっしゃいませ!
MACTE7の時はありがとうございました。

>参考までに

換水時に欠かさず添加しているのは
モリブデンですね。
年単位の比較飼育をして
ハギやヤッコの表皮疾患予防に効果があることを
確認しています。

それとストロンチウム。
生物濾過の活性化を促します。
これも比較検証して、一定の効果が得られたので
継続的に添加しているものです。
最近は人工海水の原料として入れているメーカーも
あるようです。

あとはカリウム。
チョウチョなどの片エラ予防に効果が見られます。
過剰摂取に気をつけないといけませんけど。

他にも検証中のものはありますが、
長期間常用しているのは、これくらいでしょうか。

| かっしぃ。 | 2013/10/30 22:56 | URL | ≫ EDIT

かっしい様、こんばんは。

ご回答ありがとうございました。

モリブデンにストロンチウムですか。かっしいさんが検討の結果、添加しているのであれば相応の効果が見込めるでしょうね(健康食品の場合、効果は気休め程度ですけど)。

実は私の場合、これまで海水魚を飼っていて自分の水槽で片エラに遭遇したことがないんです。
元々の水道水中にもいろいろ溶けていますから、浄化機を使わないと地域によって微量元素は変わるかもしれません。


| NK | 2013/10/31 23:05 | URL | ≫ EDIT

NKさん

>片エラに遭遇したことがないんです

片エラは多毛類を主食とする魚を飼育していないと
無縁かもしれません。
それ以外の魚で出るときは栄養不足の延長にあるので、
状態良く飼育していれば見ることは少ないと思います。

>浄化機を使わないと

生体を入れている限り、
浄水器を使っても水槽ごとに微量元素の振る舞いは変わります。
なので、添加剤などの評価は難しいですね。
比較検証をするときは条件を揃えるのが、
ものすごく大変なんですよ。

| かっしぃ。 | 2013/11/02 02:40 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです。

と言うか、一度ご質問させていただいただけの者なので、覚えてらっしゃらないとおもいますが^^;

その節は大変お世話になりました。


水位を変えても循環させられるのは濾過槽が上にある特典ですね、上にあるほうが何かと都合がいい事が多いと感じます。

しかしながら我が家の現状ではスペース的に無理ですけど^^;


一つ質問といいますか、天然海水併用をされなくなったのは、運搬の問題等もあると思いますが雑菌の浸入等も懸念されての事でしょうか


| Hon | 2013/11/03 06:32 | URL | ≫ EDIT

Honさん

お久しぶりです、
ちゃんと覚えてますよ!

>雑菌の浸入等も懸念

それはありますね。
人工海水+添加剤では再現できない成分を補完するメリットよりも、
雑菌や病気の原因となる原虫類の混入、無用な有機物によるシステムへの負担など、デメリットの方が大きいように私自身は考えています。
ただ、飼育している生体の種類、水槽環境やシステムによって全然変わってくるので、正しいとか間違っているとか、そういうことではないと思います。

例えば無脊椎メインなら、天然海水を使用するメリットは、
かなり大きいはずです。

| かっしぃ。 | 2013/11/04 18:10 | URL | ≫ EDIT

お世話になります。


ですよね、わざわざ病気の元を投入しているような部分もありますからね^^;


同じように無脊椎水槽についてはダイレクトに天然海水をいれても、特に問題がないように思っています。

サンゴ水槽にヤッコチョロチョロみたいな水槽には打ってつけかもしれません


しかしチョウ水槽には困った事も多いのかもしれませんね

現在天然海水でチョウチョウウオを飼育していますが、どうしても安定した飼育を出来ていないのが現状です。

今後は人工海水も視野に入れて検討いきたいと思います、貴重なコメントありがとうございます。






| Hon | 2013/11/04 19:47 | URL | ≫ EDIT

初めまして・・・(笑)

水抜いても濾過槽と循環してる??ヘンタイ水槽だ!
何と言うか、飼い主様の人間性が凝縮した記事でありました。(汗)

海水はヤメてませんよ~
魚は数匹、ヨロヨロになって落ちた以外、何年も増やしてないですが元気にやってます!
かっしい。さんを見習って、大事に飼わなきゃって思いました。

らんちゅうは、ラッキーな事に2年前と今年、2回も日本一獲れましたよ~!v-91
またの更新を楽しみにしております。



| ぴー父 | 2013/11/14 00:49 | URL | ≫ EDIT

Honさん

>安定した飼育を

確かなことは言えませんが、
天然海水は人工海水より構成要素が多いので
日々失われていく成分によって変動する要因が、
人工海水より多いのかもしれません。

構成要素が少ない人工海水のほうが
安定した飼育という面では有利かもしれませんが、
人工海水が天然海水に近づけようとしていることを考えると
難しい問題ですね。


| かっしぃ。 | 2013/11/16 15:48 | URL | ≫ EDIT

ぴー父さん

>初めまして・・・(笑)

初めまして、いらっしゃいませ!
・・・って(爆)

ヘンタイ水槽だ!

きゃはは。相変わらずヘンタイです。
でも、ぴー父さんほどじゃないと思いますが(笑)

2回も日本一獲れましたよ~!

知ってますよ~、
今や、らんちう界では「スゴイ人」ですよね!

ぴー父さんトコのらんちうが
神奈川の某ショップに入荷してるのを見たときは
「おおおおっ!!マジかよ!!」って
声をあげちゃいましたよ(^^♪

| かっしぃ。 | 2013/11/16 16:55 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/05/27 19:50 | | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

なかなかブログの更新が出来ずすみません。
チョウチョウウオを中心に飼育されているというだけで嬉しくなります。私も相変わらずチョウチョウウオ中心ですよ。リンクの件、歓迎です。こちらも早速リンクさせていただきます。今後共よろしくお願いいたします。

| かっしぃ。 | 2014/05/29 22:13 | URL | ≫ EDIT

リンクご了承いただけて光栄です。
チョウチョウウオを飼育していると、同好の方のブログを拝見させていただくのがとても楽しみになります。
先人の知恵を拝借させて戴きたいとき、ブログは、私にとって教科書にもなります。
お忙しいとは判ってたのですが、自分でブログを始めたら、ぜひ、リンクさせていただきたいと思っていました。
ありがとうございます。
これからもお願いいたします。

| もこじじい | 2014/05/29 23:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaetodon.blog115.fc2.com/tb.php/85-5c26aba1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。