チョウチョウウオの長期混泳飼育をめざして

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いいなぁ。。

既に多くのブログで紹介されていますが、
先日行なわれた、Tetsuoさんの結婚披露パーティー。
私も行って来ました。



来場者に配られるイラストカード。
同じ図柄のテーブルに座るという趣向です。
瀧音さん特製。

Tetsuoさん、終始デレデレでしたね(^^ゞ
素敵なパーティーでした。

そしてその翌日。

アクアリストがウジャウジャ集まったんですから。
当たり前のように、スイハイ&ショップ巡り(笑)

今回のスイハイは、ケントパパ邸です。
マコさんの記事に参加メンバーが紹介されていますが、
とにかくスゴイ人数です(汗)



玄関のカク水槽。
ギッシリですが、淀まないようにサプライのパイプを巡らせて
水流を確保しています。



この水槽の一角にあるアワのレイアウトは素晴らしい。
フィールドのアワを知らないと出来ない置き方です。

続いてメインタンクへ。



ミドボンや各種コントローラの収納部です。



開閉式になっている部分の天端はわざと斜めにしてあるんですよ。
ペントレイとして良い感じになっています(^^)




海水の飛沫を防ぐカバーがしっかりしてあるコンセント群。
メインタンクの後ろからアクセスするので、
差し込み口は後ろを向いています。






KRに大口径のファンをあてているのは納得。
こういうところは大事です。






プレートに取り付けて空間を有効に利用しています。
片持にして動かせるようにしているのは流石。






ケントパパさんのメインタンクと言えば
盛りだくさんの素晴らしいサンゴ達なわけですが、
それを支えるベースロックの配置は、やはり秀逸です。




そしてそして、
今回これを見るのを楽しみにしていました。





いいなぁ。。





スポンサーサイト

| スイハイ | 00:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イチブトゼンブ

前記事のトミー邸に続いて訪れたのは
好きな数字は「178」という女性アクアリスト、ゆっきっきさんのお宅。

メインタンクは玄関を入ってすぐのところに設置されています。



可愛らしくレイアウトしてある水槽がちょこんと置いてあるのかなぁ、、、


なんて勝手に思っていたのですが、とんでもない。
とてもしっかりした正統派(?)のレイアウトではないですか。


注目すべきは、
ホンケヤリ(Sabella fusca)ハードチューブ(ココワーム:Protula SP.)
といった環形動物を上手く水景になじませているところ。





「こりゃないだろう」って感じに置かれていることの多いケヤリムシ類ですが、


ゆっきっきさんは「結構好き」というだけあって、
よく考えられた配置になっています。


ご本人が意図しているかはわかりませんが、とても自然なレイアウト。



いい感じですねぇ( ̄▽ ̄)V




タンクに泳ぐ魚達に目を向けると
ゆっきっきさんが、こよなく愛する
タテジマキンチャクダイ(Pomacanthus imperator)
アズファー(Pomacanthus asfur)の姿が。




このアズファー、
体側中央の黄帯と尾ヒレの間にもう一本、
うっすらと黄帯が出現しています。



この黄帯がクッキリしてきたら、一体どんな個体になるんでしょ。。。
成長が楽しみです(*^o^*)


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

| スイハイ | 22:32 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トミー邸のチョウチョ達

ちょっと前のことですが、アクアな皆さんと名古屋に遠征してきました。




・・・懐かしいなぁ。。。




あ、いえ、ほんのちょっと前のことですよ(汗)

それを「懐かしい」なんて、、、
ちょっと頭が夏バテしてますね( ̄▽ ̄;)アハハ…

さて、遠征の様子についてはあちこちで紹介されていますので、
当ブログでは違った視点?で紹介するとしましょう。

まずは、ようやくお会いできたトミさんのお宅へ。
ネット上で存じ上げていたものの、実際にお会いするのは今回が初めて。

トミさん・・・何と言っても「声」が印象的な方でした。
なんというか・・・




ん?これ何の記事を書いてるんでしたっけ???



そう、これこれ!!

もう拝見したくて仕方が無かったんですよ。
トミさんのブログでは、一部しか拝見できませんでしたから。




このパズル、内容があまりにマニアック。



オオ フエヤッコダイ」なんて普通この手のパズルに描きますか??
ほかにも「メイタイシガキフグ」や「クギベラ」・・・




ん?これ何の記事を書いてるんでしたっけ???



そう、これこれ!!

トミさんと言えば「タテジマキンチャクダイ(Pomacanthus imperator)




私は飼育したことがないのですが、
この日はなんと
水槽のフランジをテクテクと歩いt(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ




・・・ちょっとトミー調ぎみになっちゃいました( ̄ー ̄)ゞ



気を取り直して・・・

トミさんトコには
2匹のスダレチョウチョウウオ(Chaetodon ulietensis)がいるのですが、
これほどまでに状態良く飼育されているスダレチョウチョウウオ
なかなか見られません。

2匹とも発色がとにかく素晴らしい。

アイバンドのコントラストが非常にしっかりしているあたり、
タンクの環境にしっかり順応出来ているのでしょう。

また2匹の体格差が丁度良く、
2匹のパワーバランスも上手くとれているようです。






トゲチョウチョウウオ(Chaetodon auriga)もなかなかの良個体。

クリスクロス模様のグラデーションに黒みが少ないというのが、
あまり見かけないカラーパターン。

是非大事に育てていって欲しいです。




他にもアケボノチョウチョウウオ(Chaetodon melannotus)
アミメチョウチョウウオ(Chaetodon xanthurus)といった
チョウチョもいて、タンクの中心であろう大型ヤッコ達ともども
上手く混泳させているところはさすがです。




そうそう。もう1匹レアなチョウチョが。



ちょっと見ると
オニハタタテダイ(Heniochus monoceros)に似ているのですが、
どうも別種だとウワサされている例の個体です。




確か、オニハタタッテナイダイ(Heniochus sp.?)とかなんとか・・・(^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

| スイハイ | 22:50 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。