チョウチョウウオの長期混泳飼育をめざして

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白点病を克服する4

以前、この「白点病を克服する4」では
白点病の発生タイミングや条件の違いによる発生率などについて、
必ず変えた条件以外が同じであるような2つ以上の水槽を対比させながら
自分ができる範囲で調べてきた結果に基づき、自らの水槽で実施してきた対処方法に関する記事を掲載しておりました。

しかしながら、この記事中の数値に関する部分だけを拾い読みされたと思われる方が
水槽の条件や状態などにおいて適用が難しい状況であるにもかかわらずに、
必要な状況判断をされないまま間違った方法で試されてしまったと思われる記事を掲載した
ブログの存在を目にしてしまいました。

自分の知らないところで起きていた事だったので、大変ショックで
自分なりに相当悩みましたが、
やはり具体的な数値や方法を記載することは
不特定多数の方が目にする公開形式のブログにはふさわしく無いと判断し、
この「白点病を克服する4」の公開を中止することにしました。

私としては、自分で結果を出すことの出来た内容に関しては、
同じ趣味を持つ皆さんに少しでも参考にしていただければと思い、
一生懸命書いてきたつもりなのですが、
記事を細かく書けば書くほど、長くなれば長くなるほど、
数値の部分が一人歩きをしてしまう結果になってしまったことが残念で、
また正しく伝わらなかった内容であったことがくやしくて仕方ありません。

私の記事を参考にされる方がおられるということは、大変ありがたいことではあるのですが、
個々の水槽条件については
皆さん一人一人の水槽のことを知らないとわからないことも多いです。
今回の件では、一切その方からの問い合わせはいただいていませんし、自己判断でされたようなのですが、

せめて「ブログを参考にして試しているのですが」と一言コメントさえいただければ
「ベアタンクの場合はシストの除去が難しいので次のようにしてください」とか
「白点の初期段階では”様子見”されているのですね、それなら発生サイクルが廻って累代寄生しているので、必ず次のようにしてください」などと状況に応じた対応ができたのです


・・・そう思うとなんとも言えない気持ちになります。。

いずれにしても、今後は白点病対策にかかわらず、各種比較実験の結果なども
具体的な数字の公表は極力しないことになると思いますが、
ご理解いただければと思いますので、よろしくお願いいたします。。。
スポンサーサイト

| 白点病 | 18:58 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

731日。

先日の大喧嘩で重傷を負った、レッドシーバナー・・・




今朝、




残念ながら☆になってしまいました(泣)





隔離して7日目、やっぱり脇腹のキズが致命傷だったようです。
一番心配していた感染症にはならなかったのですが、
全く餌を口にしなくなったし、泳ぎもぼーっとした感じ。
呼吸は荒くないものの、内心「無理っぽいなぁ」とは思っていました。

記録を見返すと、我が家に来たのは05年12月10日。
何とも言えませんなぁ。。。
ちょうど2年目を迎えたばかりだったのに。
まだまだ長期飼育できそうな感じだっただけに、とても残念です。


DSC03268.jpg


写りは良くないですが、2匹で泳ぐ最後の写真です。

今日はちょっと凹んでしまいました。
こんなことで☆になるとはねぇ・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

| 未分類 | 21:56 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何てことだ・・・

朝、いつも通りチョウチョ達に餌をあげていると、
何が気に入らなかったのか
突然、2匹のレッドシーバナーが大喧嘩!!!

片方が追いかけまわすというのではなく
互いに突きあうという最悪のパターン(汗)
突きあうたびに「カツカツ」という音が響き、
タンク内は騒然となってしまいました・・・

ウロコも飛び散り、このまま殺し合うのではと思ったくらい。
激しいバトルは5分少々で決着したのですが、
突然すぎて、何もしてあげれなかったですよ・・・

それからは、いつもと変わらず
平和なタンクに戻ったのですが・・・


ん?


やばぃ・・・

負けた方にかなりのキズが(泣)

で、急遽隔離しました。

DSC03480.jpg


写真ではわかりにくいですが、尻鰭の付け根あたり
人間でいうと脇腹?ですかね、かなりのダメージです。

混泳させたままだと、寄ってたかって突かれかねないので
しばらくは静養ですな。

勝った方はというと・・・


DSC03481.jpg


誇らしげに泳いでおります・・・

でも、よく見ると・・・

DSC03482.jpg



それなりにダメージを受けてるようです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

| 未分類 | 23:12 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。