チョウチョウウオの長期混泳飼育をめざして

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ナンヨウハギ






チョウチョと混泳させることに賛否はあると思いますが
我が家のメインタンクにナンヨウハギは欠かせない魚のひとつです。

大事なチョウチョ達のヒレをかじったり、
機嫌が悪いとアタックをかけたり・・・

確かに厄介者ではありますが
それを補うだけの大切な役目を果たしてくれる魚でもあるのです。


「大切な役目」って、一体・・・?


チョウチョを飼育していると必ずと行って良いほど
白点病に遭遇すると思います。

致死率だけならビブリオなどを含め細菌感染症のほうが遙かに高く
対処を間違えると水槽崩壊に至るほど恐ろしいのですが
罹患率では白点病がダントツではないかと思います。

白点病は飼育の経験を積むことによって対処のコツがつかめてくるので
飼育歴とともに白点病でチョウチョを☆にしないようにすることが可能です。

しかし白点虫の根絶となると大変難しく
いつまた発生するかの予測も困難です。

発生したら適切に対処すればよいので深刻になることもないのですが
症状が現れる前に白点病になることがわかれば
随分違うと思いませんか?

そこで「ナンヨウハギ」の登場です。





ナンヨウハギはチョウチョが白点病に罹患するよりも
1~2日早く白点病の症状が現れるのです。

つまり
ナンヨウハギに白点の兆候(ヒレや目が白濁するなど)が出た時点で
対処(気持ちも含めて)を始めることができますし、
チョウチョが罹患することなく
白点病を沈静化することも可能というわけです。

また、ナンヨウハギは白点の兆候が確認しやすいのも大事なポイント。

厄介者ではあるけれど
大切なチョウチョ達を白点病の初期の初期で発見するための
ひとつのバロメーターとして
私のタンクでは欠かせない存在という訳なのです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
スポンサーサイト

| 欠かせない魚たち | 01:17 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さてどうするか・・・




メインタンクですが、
ごらんの通りカゴがいくつも浮いております(汗)
タンクのボスであったホワイトフェイスもなぜかカゴに入っております・・・

というのも、



チビ・ホワイトをいじめるんだもん。

ようやくメインタンクに投入可能にまで成長したチビ・ホワイト。
愛情込めて育ててきただけに、いじめはゆるさん。。。

ボスにはしばらくカゴに入ってもらいます。
威嚇しなくなったら出してあげるよん♪



問題なのは、お隣のカゴ・・・



可憐で上品なはずのオレンジフェイス。

うちのは体型もデップリして貫禄ありすぎなのです。
手前のなんか腹回りどうみてもメタボでしょっ!



いえ・・・奥のも充分メタボです。



この2匹をメインタンクに投入したのですが
おとなしかったのは2時間程度。

まず、レッドバック達を水槽の隅に追いやってしまい、
まったく動けない状態に。
それも2匹のオレンジが代わる代わる威嚇をし続けるというひどい有様(泣)

このオレンジはペアを形成しているので
片方が威嚇を始めるともう片方も参戦するのですよ。

レッドバックは警戒色出まくり真っ黒に。
呼吸も異様に激しい・・・




んー、マズイなぁ。。





実はここで判断ミスをしてしまったのです。

レッドバックのほうをメインタンクから出してしまった。
あとはやられないだろうという考えが甘かった。

結局、メインタンクに慣れたオレンジは
他のメンバーにも威嚇を始めるようになってしまったので
たまらずカゴに。




さてどうするか。。



絵になるのでオレンジフェイスはメインタンクで混泳させたいのですよ。
でも現状は無理っぽいし、またサブタンク行きかも・・・

残りの連中は相変わらずマイペース。





そうそうチビ・マルセラも成長したので投入しましたよ。




今回は定期投与している添加剤を入れて間もないので
透明度が良くない写真ですいません(汗)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

| メインタンクで混泳中の魚たち | 18:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メインタンク近況

ようやく本業のほうも落ち着き
若干ブログを書く余裕が出てきました(やれやれ。。)
これから徐々に更新のペースを取り戻していこうと思います。

メインタンクの調子自体は特に変化ありませんが
以前予告したとおりパワーバランスの調整に取りかかっております。

暴君と化してしまったレッドシーバナーはサブタンクへ。

新たに30cmのキューブ水槽を立ち上げ
タヒチバタフライの元ペアをそこに移動。
復縁をめざすことにしました。

そして・・・

ある程度大きくなってメインタンクに入れられるようになった
チビチョウ3匹をサブタンクから移動。

古株のオレンジフェイスペアも再投入。

んー、なんとも予定通りです。









ところが、それからとんでもないことが・・・















えっ?何が起きたかって??















焦らない焦らない(笑)















どうせなら写真付きのほうがいいでしょ?
故障していたデジカメがようやく修理完了!
今週末に戻ってきます。



ということで・・・





次回更新で写真と共にメインタンクの様子をお伝えします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

| 未分類 | 21:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。