チョウチョウウオの長期混泳飼育をめざして

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白点病を克服する6




白点病が発生すると
どうしても白点虫を退治することに気を取られがちですが
その時、タンクの状態がどうであるかを再確認し
魚たちの調子に目を配ることができるかどうかが
白点病を克服するために大切なことです。

治療法として「低比重治療」を選択されている場合
特にそのあたりが重要になってきます。

なぜなら低比重の環境でチョウチョを飼育するのはリスクが高く
個体によって低比重の環境に順応する範囲が大きく異なるためです。

環境変化に対する変動に比較的強い浅場の雑食性チョウチョでも
個体によっては低比重環境で早々に調子を崩してしまうものも少なくありません。

また低比重治療の期間についても
生理周期を越える長期に及ぶと本来の免疫力は低下します。

ですからチョウチョで低比重治療をおこなうときは
タンクの状態や個体の調子にいつも以上の目配りをするようにして欲しいと思います。
・・・個人的には環境変化に対する能力に長けた
大型ヤッコなどに適した治療法のような気がしますが。


低比重ついでに、その効果について述べておきましょう。


過去に1年半くらいかけて
低比重について追跡観察をいくつかの条件下で行ったことがあります。

結果から言うと
(すでに別記事のコメント欄にも書きましたが)
低比重治療だけでは白点虫の撲滅は困難です。

比重の変動が大きいと白点虫はそれを環境の急変ととらえるため
寄生している生体から大急ぎで離れ、
環境が正常になるまでシストの状態でいようとするらしく、
目視的に短期間で白点が見られなくなることが多いのは確かです。

その意味では「効果あり」と言えると思います。

しかし低比重のままにしていると白点虫が順応してくるので
それまでに何らかの対策
(水換えをして不活性になっている白点虫のシストを排出するなど)
をしないと抜本的な解決には至りません。




追跡観察をしていたころに顕微鏡観察もしましたので
それについても触れておきましょう。

使った光学顕微鏡がそれほど高倍率のものでなかったのと
当時、顕微鏡観察下において比重を下げる作業が精度的に自信なかったので
大きな声では言えませんが、淡水浴のように一気に比重を下げると
白点虫のシストが浸透圧によってかなりの数破裂したのが確認できましたが、
低比重治療のように徐々に比重を下げた場合は相当数破裂せずに残りました。


低比重治療については効果はあるが過信は禁物って感じでしょうか。

チョウチョにはリスクが大きいのと長期飼育上の問題もあることだけは
忘れないでほしいなぁと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
スポンサーサイト

| 白点病 | 02:18 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。