チョウチョウウオの長期混泳飼育をめざして

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご無沙汰しております。

5月の連休明けあたりから超多忙になってしまい、
記事を書くパワーがありませんでした。



1ヶ月以上未更新・・・(汗)




ま、これまでにも似たような放置状態は
ありましたケド( ̄▽ ̄;)アハハ…




今日は久々に休暇が取れました ♪♪

こういう時を逃すとブログを更新する機会を失うので
メインタンクの近況でもサクッと紹介することにしましょう。



といっても相変わらずカゴは浮いてるし、
システム的な変更はありません( ̄ー ̄)ゞ

ただ、混泳バランスがどうもしっくりこないので
ゲストメンバーとしてサブタンクから
ハシナガチョウチョウウオ(チェルモン)を連れてきています。



学名:Chelmon rostratus
英名:Beaked coralfish

学名のrostratus、英名Beaked、ともに「突き出たくちばし」を意味します。
ハシナガチョウチョウウオという呼び名も同様。
確かに印象的な口元です。

ショップでは「チェルモン」もしくは「チェルモ」と呼ばれることも多いチョウチョ。

フィリピン諸島に広く生息。
沖縄でも数は多くないものの確認されています。
インドネシアやオーストラリアにも生息しており、
パプアニューギニア周辺の個体は形質的な変異が見られます。



比較的安価で入荷数も多いため
飼育したことのある方も多いと思いますが、
長期飼育(3年以上)となると決して易しくはありません。

多毛類を主食としており、

人工飼料にきちんと餌付かせるには

飼育者の努力が必要です。


雑食性ではあるので、状態のいい個体が入手できれば
最初のうちは何かしらの餌を食べてくれるように思います。

けれども「仕方なく食べている」ことが多く、
長期飼育を目指すのであれば多毛類を定期的に与えながら
高タンパクの人工飼料を確実に摂餌するところまで
持っていきたいところです。



さて、我が家のチェルモン。



ウチにいるチョウチョの中では大柄な方なので、
ボス的な働きをしてくれるのではと思い投入してみたのですが・・・



結果的には成功( ̄▽ ̄)V




ただ、長期的な混泳向きのチョウチョではないので
新ボス誕生後、サブタンクに戻すつもりです。

しかし、新ボス誕生はいつのことやら。。。(* ̄▼ ̄*)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
スポンサーサイト

| メインタンクで混泳中の魚たち | 21:18 | comments:13 | trackbacks:1 | TOP↑

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。