チョウチョウウオの長期混泳飼育をめざして

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トミー邸のチョウチョ達

ちょっと前のことですが、アクアな皆さんと名古屋に遠征してきました。




・・・懐かしいなぁ。。。




あ、いえ、ほんのちょっと前のことですよ(汗)

それを「懐かしい」なんて、、、
ちょっと頭が夏バテしてますね( ̄▽ ̄;)アハハ…

さて、遠征の様子についてはあちこちで紹介されていますので、
当ブログでは違った視点?で紹介するとしましょう。

まずは、ようやくお会いできたトミさんのお宅へ。
ネット上で存じ上げていたものの、実際にお会いするのは今回が初めて。

トミさん・・・何と言っても「声」が印象的な方でした。
なんというか・・・




ん?これ何の記事を書いてるんでしたっけ???



そう、これこれ!!

もう拝見したくて仕方が無かったんですよ。
トミさんのブログでは、一部しか拝見できませんでしたから。




このパズル、内容があまりにマニアック。



オオ フエヤッコダイ」なんて普通この手のパズルに描きますか??
ほかにも「メイタイシガキフグ」や「クギベラ」・・・




ん?これ何の記事を書いてるんでしたっけ???



そう、これこれ!!

トミさんと言えば「タテジマキンチャクダイ(Pomacanthus imperator)




私は飼育したことがないのですが、
この日はなんと
水槽のフランジをテクテクと歩いt(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ




・・・ちょっとトミー調ぎみになっちゃいました( ̄ー ̄)ゞ



気を取り直して・・・

トミさんトコには
2匹のスダレチョウチョウウオ(Chaetodon ulietensis)がいるのですが、
これほどまでに状態良く飼育されているスダレチョウチョウウオ
なかなか見られません。

2匹とも発色がとにかく素晴らしい。

アイバンドのコントラストが非常にしっかりしているあたり、
タンクの環境にしっかり順応出来ているのでしょう。

また2匹の体格差が丁度良く、
2匹のパワーバランスも上手くとれているようです。






トゲチョウチョウウオ(Chaetodon auriga)もなかなかの良個体。

クリスクロス模様のグラデーションに黒みが少ないというのが、
あまり見かけないカラーパターン。

是非大事に育てていって欲しいです。




他にもアケボノチョウチョウウオ(Chaetodon melannotus)
アミメチョウチョウウオ(Chaetodon xanthurus)といった
チョウチョもいて、タンクの中心であろう大型ヤッコ達ともども
上手く混泳させているところはさすがです。




そうそう。もう1匹レアなチョウチョが。



ちょっと見ると
オニハタタテダイ(Heniochus monoceros)に似ているのですが、
どうも別種だとウワサされている例の個体です。




確か、オニハタタッテナイダイ(Heniochus sp.?)とかなんとか・・・(^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
スポンサーサイト

| スイハイ | 22:50 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。