チョウチョウウオの長期混泳飼育をめざして

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鱗剥離症候群(UPB)

上手く混泳出来ているタンクでもメンバーを増やしたり、
長期飼育に伴って個体が大きくなるなど
タンク内における活動パターンが変化して
パワーバランスが崩れることはよくあることです。

ちょっとした小競り合いなら、
ヒレを立てお互いを威嚇する程度ですが、
激しく突付くことになれば体表面のウロコが取れてしまう場合もあります。

その時に取れるウロコの数は全体から見ると僅かです。
多くの場合は脱落した部位のウロコが再生するまで周辺粘膜が保護しますから
これが原因でチョウチョが★になることは殆どありません。

もちろん、強い個体が弱い個体を
ボロボロになるまで一方的に攻撃しているのを
飼育者が「様子見」と称して放置すれば★になることはあるでしょう。

けれども、そういった個体間の争いが無いにも関わらず、
飼育魚のウロコが、ある時突然パラパラと広範囲に剥離し始め、
やがて★になってしまうという病気があります。

チョウチョウウオをはじめ多くの魚は

一度に広範囲かつ大量のウロコが剥離してしまうと

周辺粘膜が体表を保護しきれなくなり、

感染症や浸透圧異常などを引き起こしてしまいます。


こうなると多くの場合は助かりません。



鱗剥離症候群(UPB)によるウロコの剥離例。




中央部のウロコが広範囲に失われています。
ヒレの付け根から下方にかけては
大量のウロコが一気に崩れ落ち始めている様子がみられます。



上記個体における
「正常な部位」 をアップで撮影。





同様に
「発症しているがウロコの剥離していない部位」 をアップで撮影。



正常な部位はウロコが規則正しく並んでいますが、
発症部位は、剥離していなくても
すでにウロコの規則性が失われています。


この病気は発生数こそ多くないものの、
 
「鱗パラパラ病」
として
 
古くからアクアリストの間で恐れられてきました。



今のところ発症原因はわかっておらず、
確実と言える治療法もありませんが、
合成抗菌剤であるサルファ剤の投与による有効性は確認しています。


昨年、関西の女性アクアリストが
ウロコの剥離した体表の感染を抗菌剤で最小限に抑え、
完治させることに成功していますが、
ウロコの剥離症状が早く進行する場合は手の打ちようがありません。

早期の発見・対処が何よりも大切です。。
スポンサーサイト

| 病気 | 16:40 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。