チョウチョウウオの長期混泳飼育をめざして

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白点病を克服する6




白点病が発生すると
どうしても白点虫を退治することに気を取られがちですが
その時、タンクの状態がどうであるかを再確認し
魚たちの調子に目を配ることができるかどうかが
白点病を克服するために大切なことです。

治療法として「低比重治療」を選択されている場合
特にそのあたりが重要になってきます。

なぜなら低比重の環境でチョウチョを飼育するのはリスクが高く
個体によって低比重の環境に順応する範囲が大きく異なるためです。

環境変化に対する変動に比較的強い浅場の雑食性チョウチョでも
個体によっては低比重環境で早々に調子を崩してしまうものも少なくありません。

また低比重治療の期間についても
生理周期を越える長期に及ぶと本来の免疫力は低下します。

ですからチョウチョで低比重治療をおこなうときは
タンクの状態や個体の調子にいつも以上の目配りをするようにして欲しいと思います。
・・・個人的には環境変化に対する能力に長けた
大型ヤッコなどに適した治療法のような気がしますが。


低比重ついでに、その効果について述べておきましょう。


過去に1年半くらいかけて
低比重について追跡観察をいくつかの条件下で行ったことがあります。

結果から言うと
(すでに別記事のコメント欄にも書きましたが)
低比重治療だけでは白点虫の撲滅は困難です。

比重の変動が大きいと白点虫はそれを環境の急変ととらえるため
寄生している生体から大急ぎで離れ、
環境が正常になるまでシストの状態でいようとするらしく、
目視的に短期間で白点が見られなくなることが多いのは確かです。

その意味では「効果あり」と言えると思います。

しかし低比重のままにしていると白点虫が順応してくるので
それまでに何らかの対策
(水換えをして不活性になっている白点虫のシストを排出するなど)
をしないと抜本的な解決には至りません。




追跡観察をしていたころに顕微鏡観察もしましたので
それについても触れておきましょう。

使った光学顕微鏡がそれほど高倍率のものでなかったのと
当時、顕微鏡観察下において比重を下げる作業が精度的に自信なかったので
大きな声では言えませんが、淡水浴のように一気に比重を下げると
白点虫のシストが浸透圧によってかなりの数破裂したのが確認できましたが、
低比重治療のように徐々に比重を下げた場合は相当数破裂せずに残りました。


低比重治療については効果はあるが過信は禁物って感じでしょうか。

チョウチョにはリスクが大きいのと長期飼育上の問題もあることだけは
忘れないでほしいなぁと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

| 白点病 | 02:18 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます。
白点治療ほんと勉強になります。
低比重ですが、昔shopの人にベアタンクで魚だけ飼うなら、比重は落とした方がいいと言われました。だけどイマイチ信用できず、1,023でかってました。
だから、今も、1.023で飼ってます。
やはり良くないんですね。聞いて安心しました。

| やすのぶ | 2008/04/13 09:21 | URL | ≫ EDIT

なんか本格的な調査結果で、面白い?面白くない?結果ですね。
ゆっくり比重下げるとシストは破壊されないのも居る・・・恐ろしい。
ですが、1度きっちり低比重やった後は、手荒に水換えや濾材をかき混ぜても再発はしていないので、撲滅できなくてもかなりの効果はあると感じています。手抜きトリートメントで新魚追加したら再発しますが・・・

でも比重下げる時は魚の状態見てなるべく早く下げてしまったほうが治療期間が短いとは感じておりました。(数時間~1日かけて)

チョウではゴールデン・サドル・レッドバックでしか低比重やった事ないですが、エサ食い、状態ともに異常は見られず、クイーン・パッサーのホラカントスの方が1.006では体が膨れる、鱗が浮く?等の異常がよく見られました。
ポマカンに関しては全く異常ないです。

私は専門的な知識はないので大丈夫に見えただけで、チョウにしたらホントは死にそうな位辛かったのかも?しれません(笑)

銅治療も浸透圧でシストを破壊するんですよね?だったら銅治療でも濃度をすばやく上げないとシストに耐性が出たりするんでしょうか?


・・・にしてもかっしい。さんのオレンジはカッコイイ。。
混泳上手くいったのですね、いいなぁ~。(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪


| ぴー父 | 2008/04/13 09:54 | URL | ≫ EDIT

やすのぶさん

>比重は落とした方がいいと言われ
これは俗に言う低比重(人工海水でいうなら規定の50%以下)で飼育しろということではなく
「少し薄めに」という意味かもしれません。

通説的に良いとされる比重1.0233は18℃のときですから
魚だけの水槽で設定されることの多い25℃では比重1.0218
つまり「少し薄めに」したほうがいいというのはその辺りのことを言っているのかも。

ちなみにウチのメインタンクは25℃のとき比重1.022となるようにしています。



ぴー父さん

>撲滅できなくてもかなりの効果はある
ぴー父さんの低比重治療をブログで拝見したときにもコメントした気がしますが
やり方がウマイんですよ。マジに(笑)

>きっちり低比重やった後は、手荒に水換えや濾材をかき混ぜても再発はしていない
ほらね。シストが不活性状態の時に水換えをしてる。

>比重下げる時は魚の状態見てなるべく早く下げて
これもそう。理にかなってるじゃないですか。

・・・ほめすぎました??

>銅治療も浸透圧でシストを破壊するんですよね?だったら銅治療でも濃度をすばやく上げないとシストに耐性が出たりするんでしょうか?
・・・もう、せっかくほめたばっかりなのに(笑)
銅治療は生物が銅の過剰摂取によって代謝異常がおこることを利用しているんです。
だから銅治療をしてはい(゜゜()☆○=(-"-)バキッ!

| かっしぃ。 | 2008/04/13 14:54 | URL | ≫ EDIT

さすが!

オレンジの混泳成功されてる方って凄い!!
こうして見ると、堂々として逞しいですね!
いいなあ~~~^^♪

白点に関しては、大御所さんの経験談がすべてだと思います。
文献がどうのこうの言う方いますが、たいてい白点撲滅に失敗してます。
研究論文なんて、おそらく安くて丈夫なスズメを使ってますからね、チョウで実験した研究者なんていませんよね。
まして、100匹のオレンジで白点実験した論文なんありえないし・・・
スズメでの実験結果をすべての魚に当てはめて論じている方を信じるのが間違いと思います。

それにしても、いいなあ~~~~うらやましい^^
絶対本の表紙を飾れますよ^^♪

| かずみ | 2008/04/13 15:12 | URL | ≫ EDIT

かずみさん

オレンジフェイスは混泳成功かどうかは微妙なところ(汗)
いつ暴君と化すかわからないのでまだまだ様子見です。

白点については記事が皆さんの参考になればいいなぁ
と思います。
それぞれの水槽にあった対処方法を見つけていただいて
水槽飼育されている全てのチョウチョが白点で☆にならなくなれば
言うこと無しです(ちょっと大袈裟?)

| かっしぃ。 | 2008/04/13 16:46 | URL | ≫ EDIT

バカがばれた・・・

「えへっ。ほめられた」・・・と思ったら落とされましたね(泣)。

過剰摂取で「ひでぶ~」なんですね(笑)。

何時か安全な白点治療薬は出るんでしょうかねぇ~。でも誰でも簡単に海水魚飼えたらなんかつまらない・・・なんてね(笑)。

話は変わりますが、ポリプ食のチョウはブラインだけで肉付きますかね?
アサリ練餌も食うなら一緒に与えながら人工飼料に餌付けたほうが無難でしょうか?

・・・アサリ練餌がかなり水を汚すので、ショボイ上部濾過では水換えが頻繁になるもので(汗)。

| ぴー父 | 2008/04/13 21:05 | URL | ≫ EDIT

こんばんは
私もいろいろと治療試しましたが結局硫酸銅や銅イオンによる投薬治療に落ち着きました。
確かに低比重の治療法は他の魚種には有効な場合もありますが、チョウチョには不向きに感じます。
でも、結局は治療云々以前に白点病が出にくい環境を整える事が大切だと思います。
私は魚の健康が第一と感じますがそれ以外にソフト面で以下の方法を実践してます。
1)底面に水流を設ける
底面にゴミが溜まりにくく、残餌やフン等がフィルターに吸い込まれやすくしてますし、魚が再び舞い上がった餌をついばみ残餌が減るという効果もあります。
2)ウールマットを何枚も濾過層側面にスキマができないよう重ねる、定期的に交換する
1との関連ですが、水流に乗ってフィルターに吸い込まれた白点のシストは物理濾過に引っかかるようです。
また側面にスキマがないようには万が一目図まりが起きても必ずウールマットを飼育水が通過するようにです。

以前はウールボックスが無かったのですが、その時はしょっちゅう白点が発生していましたが、物理濾過層を設けてからは殆どでなくなったという経験から、ウールマットも重要だとこのような考えがほぼできあがりました。

P.S.水換えして様子見てますが、うちの小オレンジあれから変化なしです。

| ひろさん | 2008/04/13 21:27 | URL | ≫ EDIT

ぴー父さん

>過剰摂取で「ひでぶ~」なんですね(笑)
過剰摂取により秘孔をつかれてしまうんでしょうね(笑)

>ポリプ食のチョウはブラインだけで肉付きますかね?
「ブラインだけ」では必要な栄養が補えないので間違いなく徐々に痩せてくると思います。
長期飼育ねらいであれば最終的には人工飼料まで移行させて
栄養管理ができるようにしたいところです。


ひろさん

>硫酸銅や銅イオンによる投薬治療に落ち着きました。
ええっ?落ち着いちゃうんですか???
長期飼育をめざすなら「生体周期ごとの換水治療」で落ち着きましょう!(笑)
銅治療は(゜゜()☆○=(-"-)バキッ!

>でも、結局は治療云々以前に白点病が出にくい環境を整える事が大切だと思います。
そのとおりですよね!大切なことだと思います。

>ウールマットも重要
私は逆にウールマットを含め物理濾過を全廃しちゃいました。
濾過システムの違いで変わってくる部分でしょうね。

| かっしぃ。 | 2008/04/13 22:50 | URL | ≫ EDIT

>ええっ?落ち着いちゃうんですか???
今の所はです。
それに殆ど治療を行う必要性が無いので…(^^)ゞ
ダメダメな生徒ですね。(^^)ゞ

>長期飼育をめざすなら「生体周期ごとの換水治療」で落ち着きましょう!(笑)
最もシンプルに噛み砕くと「28日置きに10~12時の間に水換え」という解釈で合っていますか?

| ひろさん | 2008/04/14 21:09 | URL | ≫ EDIT

ひろさん

週明けから多忙になってしまいコメント返すのが遅くなりましたっっっ(汗)

>「28日置きに10~12時の間に水換え」という解釈で合っていますか?
それだと生体周期ではなく、生理周期(約28日)になっちゃいます。
生体周期というのは24時間のサイクルを指します。
要約しすぎちゃうと混乱しちゃうかも。。。

| かっしぃ。 | 2008/04/16 00:26 | URL | ≫ EDIT

何度も、読み返してみましたが余計頭がこんがらがってきました(*o*)
でもGFGの効き目が3,4日ということは、
水換え→GFG入れる→GFG効き目切れたらまた水換え→治るまでくりかえし
つーことですかね?

うちのオレンジ練り餌入れるとすっ飛んできて勢い良く食べる事は食べるのですが…。
ある程度食べ終わるとそっぽ向いてしまいます。
その後も、練り餌が付いているアサリのとこまでやってきては、直前でUターンします。
2日連続で食べているので、大丈夫だと思うのですがちょっと不安です。

| ひろさん | 2008/04/17 22:45 | URL | ≫ EDIT

>治るまでくりかえしつーことですかね?
そうですね~
GFGの効き目が3,4日なのはしょーがないですな。
でも初期段階で対処すれば繰り返すことなく治るでしょう。
まぁ早期発見が大事ということです。

>ある程度食べ終わるとそっぽ向いてしまいます。
まだ完全に練り餌の味になじんでないのでしょう。
もしくは混ぜ具合に若干ムラがあって
アサリ臭の強い部分だけを餌と認識しているのかもしれませんね。

食い付きが悪くなったな~と思ったら
少し人工飼料の割合を減らしてみる。

前より食べるようになったら
また人工飼料の割合を増やしてみる・・・

様子を見ながら変えてみるといいと思います。


| かっしぃ。 | 2008/04/17 23:42 | URL | ≫ EDIT

はじめまして、かっしぃ。さん♪
blogへのご訪問、コメント有難うございました(^^

返信コメントにも書かせて頂いたのですが、
実はもう、相当昔から読み逃げさせていただいてました(^^;
白点シリーズも、熟読しておりますが、
色々と考えさせられます。
我が家は、大型ヤッコメインの魚水槽なので、
もっぱら低比重での治療です。
ただ、今回のかっしぃ。さんの記事から汲むと、
低比重でのシスト根絶は難しそうですね(^^;
私が、以前低比重方で白点根絶を目指した際は、
とにかく毎日の様に水槽の底(ベアタンクです)
をPHで掻き回し、シストの活性化を促して、
日々の大量換水を実施しました。
それ以降の生体は全て検疫&トリートメントを施して
から水槽に放っているので、今の所、
白点虫や、かゆがる仕草は見られません。
それでもきっと、頻繁に手を入れられない濾過槽には
未だシストが潜んでいる気がします。

....と何だかまとまりの無い駄文になってしまいました(^^;

また、お邪魔しますので宜しくお願いしますね(^^

| トミー | 2008/04/23 20:44 | URL | ≫ EDIT

早速のコメント有り難うございます♪

>実はもう、相当昔から読み逃げさせていただいてました(^^;
私もですよ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

>白点シリーズも、熟読しておりますが
照れますな(〃▽〃)

>シストの活性化を促して、
日々の大量換水を実施しました。

これは理にかなってます。
徹底して実施された感じですね、かなり効いていると思います。

>それでもきっと、頻繁に手を入れられない濾過槽には
未だシストが潜んでいる気がします。

魚本来の防御が白点虫(他の病気なんかもそうですが)を抑え込んでいれば良いのですから、その意味ではトミーさんトコの水槽は上手くいってるのではないでしょうか。

>また、お邪魔しますので宜しくお願いしますね(^^
こちらこそ、宜しくです~

| かっしぃ。 | 2008/04/23 22:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaetodon.blog115.fc2.com/tb.php/27-b95360c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。