チョウチョウウオの長期混泳飼育をめざして

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

硝酸塩チェック

メインタンクのポンプですが、このところ元気がありません。
最近になって流量が落ち気味。
前回交換が2005年の9月なので
交換時期といえば交換時期ですが・・・

我が家のメインタンクには爆気槽があって
そこへ海水が入るときの流量を確保することには
非常に重要な意味があります。

流量が足りなくなると爆気が不十分になって
空気中への窒素放出量が少なくなってしまうためです。

もちろん若干流量が落ちたからと言って
すぐに問題が発生するわけではないのですが
好気濾過槽の余力が充分にありすぎるので
窒素放出量の調整をしておかないと
硝酸塩が飼育海水中にたまってしまうかもしれません。

現状の爆気槽はこんな感じです。





比較写真がなくてすみません(汗)
これがどういう状態なのか100人中100人がわからないと思いますが、
ベストな状態と比べると上のパイプ穴から出ている海水の勢いが不足気味。
やっぱり調整しなきゃいかんなぁ。。

濾過槽内には硝酸態窒素がたまるポイントを2箇所作ってあり、
そこからシリコンチューブで空気中に排出できるようにしてあります。

今回のように爆気量が不足したりするときに
必要に応じてシリコンチューブにつけたバルブを調節し
水槽全体として硝酸量のコントロールをします。





爆気が不足方向なので、バルブを開けているところです。
白魚のような手が写っていますが気にしないでください(笑)

ひととおり調整が済んだところで
現状の硝酸塩をチェックすることにしました。

調整の結果がすぐに出るわけはありませんが
なんとなく気になったので・・・

今はニッソーのテストスティック4ミックスという試験紙しかないので
これで見てみます。

チョウチョだらけで常時10匹以上混泳させているし
久々にチェックするのでちょっと不安。

さて待つこと1分・・・





問題ありません!

5ppmを充分下回っているようです!(よかった♪)

こういう結果を見ると
すべての水槽に爆気システムを導入したくなります。

きちんと機能するまでの調整が簡単ならいいんですけどね・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

| 飼育器具 | 18:32 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

スゴイなぁ。

単純なウエット濾過しか理解できないので爆気がいかに重要なのか・・・何となく雰囲気でしかわかりませ~ん(苦笑)

しかし還元BOXのようなアイテムを使わないで低硝酸塩濃度をキープできるとは素晴らしいシステムです!

ウールマット等の物理濾過が無いってとこが驚きですが。

調節が微妙みたいでハイレベルな方しか使いこなせませんね、ずぼらな私には・・・・興味は深々ですけど。(苦笑)

| ぴー父 | 2008/05/03 19:42 | URL | ≫ EDIT

考えとしては、昔流行ったドライシステムの変形でよろしいのでしょうか?
確か、多くのドライボールを水が通過することで、ろ過と爆気が同時に行われるシステムでした。
今でもドライボールを使う方いますね。
私も持ってます。

| かずみ | 2008/05/03 20:28 | URL | ≫ EDIT

ぴー父さん

>ウールマット等の物理濾過が無いってとこが驚きですが。
これは結構言われます(笑)なんでかな???
物理濾過は定期的に交換したり洗ったりしなければならないのが個人的にちょっと・・・

>調節が微妙みたいで
うまく機能するまでの調整は確かに微妙ですね~
でも機能してしまえば調節することもほとんど無いですよ。
今回はポンプがへたってきたので仕方なく色々いじりましたが(笑)


かずみさん

>考えとしては、昔流行ったドライシステムの変形でよろしいのでしょうか?
んー、ドライシステムとは共通項がないので
残念ながら・・・

>ろ過と爆気が同時に行われる
えっと、ドライシステムはドライボールを水没させないことで空気に触れる面積を多く作り
好気性バクテリアを飛躍的に活性させることを目的としたシステムです。
好気濾過と好気性バクテリアに必要な通気が同時に行われるのだと思います。
爆気は窒素を空気中へ放出するためのシステムなので目的が異なります。

| かっしぃ。 | 2008/05/03 22:49 | URL | ≫ EDIT

水道局の爆気システムと同じですね。

ただ、当時ドライシステムが爆気効果もあると歌っていたと記憶してます。
そのため、ドライタワーをアンモニアタワーと別名で呼んでいたこともありましたよね?

| かずみ | 2008/05/03 23:18 | URL | ≫ EDIT

>当時ドライシステムが爆気効果もあると
水道局のシステムをご存じなら、ドライシステムに爆気と言えるだけの効果が望めないことも理解されていると思いますが、当時はウエットとドライの優位性を主張しあっていたので過大効果をうたった製品もあったのでしょう。

| かっしぃ。 | 2008/05/04 00:41 | URL | ≫ EDIT

おおおお・・・・何と言うか、
「爆気で空気中へ窒素を放出」って、
「すごい!」という事しか判りません(T_T)
マネなんて出来っこないとは判りつつ、
私も興味深々です(^^;
一度色々勉強してみようかな(笑)

| トミー | 2008/05/04 01:12 | URL | ≫ EDIT

かっしぃさんちの濾過システムがどんなものかよくわかりませんが、
ウエット式で、汲取式浄化槽を小さくしたような構造なのですか?
(自分ちは未だに下水道通ってません)
バキュームカーが来たとき浄化槽の中身を覗いたことがあるのですが、
ブロアーとシャワーパイプでかなり爆気されていました。
うちのオレンジやっと一ヶ月経過です(^^)

| ひろさん | 2008/05/04 12:20 | URL | ≫ EDIT

トミーさん

>一度色々勉強してみようかな(笑)
是非是非!!!
トミーさんなら、すごいレポートが出てきそうです。
楽しみにしておりまする(笑)


ひろさん

>ウエット式で、汲取式浄化槽を小さくしたような構造なのですか?
おっ!鋭いですな。爆気に関しては基本的に同じです。

>うちのオレンジやっと一ヶ月経過です(^^)
やりましたね♪長期飼育期待してますよ!!

| かっしぃ。 | 2008/05/04 21:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaetodon.blog115.fc2.com/tb.php/28-ba8ac8f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。