チョウチョウウオの長期混泳飼育をめざして

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仮出所

久々の更新です♪





メインタンクは相変わらず、といった感じでしょうか

・・・ん?





えっ!!!

何でアイツが!!!





・・・そうなんです。

昨年12月に傷害事件を起こし、
後に被害者死亡により傷害致死事件で立件され
無期刑となっていたアイツが出所してきました・・・

なぜ、って???それは・・・

無期刑に処せられた者は
「人間の場合10年以上、
チョウチョの場合0.5年以上(※注1)
服役すれば仮釈放できる」
という規定になっているからなのです。

もちろん受刑者本人には
仮釈放の申請権は認められていませんが
服役中の態度から深く反省していると認められれば
更生保護委員会の処分によって
出所が許されるのです。

当然、残りの人生はすべて保護観察の対象となります。
メインタンクで何か問題を起こせば、即連れ戻されます。

ちょっと心配・・・
今のところ平穏なメインタンクなのになぁ。。。





少し距離を置いて後方から
にらみをきかせているのが
保護観察官。

生活状態を把握し、指導を行うのだそうです。

通常は保護観察官のほかに、
保護司がボランティアでついて直接的な指導をおこなうそうですが

今回、ほどよい大きさのレッドシーバナーは













1匹しか入手していないので・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
※注1:
「チョウチョの場合0.5年以上」という表記は
現行の刑法28条の無期刑の規定にはありません。

あくまで当ブログ内の規定です(笑)

| メインタンクで混泳中の魚たち | 18:15 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

保護官ナイスです!

個体差、混泳メンバーにもよると思いますが、レッドシーバナーは思ったほど悪くない?んじゃないかと思ったりしてます。思ったより・・・ですから普通に攻撃的ですけど(笑)

同属で先住のインディアンバナーを追いかけ回してましたが、他のチョウにはそれ程チョッカイ出さない印象です。

あ、インディアンバナーは少し前に裏の川を流れて行きましたけど(泣)
突付かれた背ビレに腫瘍のようなものが出来、すごいスピードで大きくなり、切除&ヨウチン治療するもあっというまに再発。
背肉まで深く浸潤して血も滲むようになり、元気だったのですが私には完治はムリ・・・・と思いそんな結果に。 残念。

リムフォかと思ったのですが、色も灰色っぽく、ボコボコした嫌な感じでした。なんでしょうかね?

そしてレッドシー&ホワイトはサドルに暴行されリムフォまみれになっております。恐らく全治2ヶ月。

加害者サドルは強制連行後メインタンクに戻され、パッサーの刑に処されました・・・(*ToT*)†~~~アーメン

レッドシー、やっぱペアが良いなぁ~。1号が更生してるといいですね!(笑)






ホワイトの方がシツコイ・・・(笑)

| ぴー父 | 2008/05/24 20:21 | URL | ≫ EDIT

こんばんは
思わず読んでてビール吹いてしまったじゃないですか。
保護管 d( <_,` )GJ!!
うちは相変わらずですね。
あ、先週入れたミカドがほとんどブラしか食べないので痩せてきた以外は…。

| ひろさん | 2008/05/24 22:40 | URL | ≫ EDIT

その凄惨な事件も、狡猾な加害者も、
既に当時から読み逃げしていた身としては、
よく存じ上げていた案件でした(笑)

なるほど、チョウの場合は0.5年ですか!
これは参考になります(笑)
我が家の場合、蛮行を働いて更正が望めない魚達は、
すぐさま国外追放の憂き目に遭います・・・。

| トミー | 2008/05/25 00:48 | URL | ≫ EDIT

陪審員希望です

近く陪審員制度が始まります。
魚裁判の陪審員にならいつでもなりますので、犯罪が起きて裁判になりましたらいつでもお呼びください
私の判決では、北海道への永久追放という刑が一番多くなると思います。

ユウゼン・オレンジ・フレンブリーが混泳するタンクは凄いv-218


| かずみ | 2008/05/25 16:30 | URL | ≫ EDIT

ぴー父さん

>レッドシーバナーは思ったほど悪くない?んじゃないかと思ったりしてます。
ヘニオクス属は何でも突っつく性質が強いので
悪者っぽく見えるだけなのかもしれませんね。
悪気があるわけじゃないので
私も時々「思ったほど悪くないな」と思ったりします。

>突付かれた背ビレに腫瘍のようなものが出来、すごいスピードで大きくなり、切除&ヨウチン治療するもあっというまに再発。
何だろう??これは経験ないですねぇ・・・
「すごいスピードで大きく」っというのが
恐ろし過ぎ(((p(>v<)q)))!!

>背肉まで深く浸潤して血も滲むようになり
これは感染症を併発したからだと思います。
他の個体に移らなくてよかったです。

>レッドシー、やっぱペアが良いなぁ~。
ですね!

でもウチのはペアにはなりそうもないです(泣)
メインに入れる前に2ヶ月くらい
サブタンクで一緒にさせてましたが
行動を共にする様子はなく
お互い好き勝手に動き回ってますし(笑)

>ホワイトの方がシツコイ・・・(笑)
これは言えますね。
ラドフォルス属は神経質な個体が多いですから。


ひろさん

ミカド心配ですね・・・
ブラインだけだと必要な栄養が足りないので
食べてても痩せてくると思います。

同じブラインでも「オメガ3」という製品は
そのあたりが考慮されているらしく
他の餌に切り替えるまでの「つなぎ」としては
比較的優秀でしたよ。


トミーさん

>よく存じ上げていた案件でした(笑)
そうでしたか。
当時は各メディアでも大きく報道された
凄惨な事件でしたからね・・・(笑)

>すぐさま国外追放の憂き目に遭います・・・。
最近は海外から入ってくる魚達も増えましたから
やむを得ない措置かもしれません(笑)

| かっしぃ。 | 2008/05/25 16:54 | URL | ≫ EDIT

かずみさん

>犯罪が起きて裁判になりましたらいつでもお呼びください
よろしくお願いします<(_ _)>

>北海道への永久追放という刑が一番多くなると思います。
それって、もしかして・・・?!(笑)

フレンブリー、写っちゃってますが
実は水槽内でフィールドと同じような
色彩を出すにはどうしたら良いかを試す
「色揚げ研究用」に入手した個体なのです。

条件を変えた比較水槽で過ごすことが
多くなる予定なのでメインタンクからは
出たり入ったりすることになるでしょう・・・(汗)

| かっしぃ。 | 2008/05/25 17:19 | URL | ≫ EDIT

なるほどオメガ3ですか、φ(..)メモメモ
でも、近所のショップで売っているの見た事無いんですが今度試してみようと思います。
しかし、ミカドは駄目です。
もう泳ぎ方がふらふら仕始めちゃいました。
やっぱりオレンジより難しいですね。

それとフレンブリーの比較実験の結果非常に楽しみにしております。
うちのもまだ居るんで、フィードバックできればと思ってます。

| ひろさん | 2008/05/26 22:27 | URL | ≫ EDIT

ひろさん

>近所のショップで売っているの見た事無いんですが
私の場合たまたま行ったホームセンターの
海水魚コーナー(笑)で見つけたのですが
「冷凍餌 オメガ3」で検索してみると
いくつか引っかかると思います。

フレンブリーに関しては、
ハワイの海水はミネラルが多いらしいので
その辺りを確かめてみようと思っています。

ただ、メインタンクで泳がせている間に
少しずつ色が揚がってきちゃいました。

定期的に添加しているミネラルは
カルシウムとモリブデンとストロンチウムなので
このどれかが効くのかも。。
比較実験では
ひとつひとつ検証していこうと思います。

| かっしぃ。 | 2008/05/27 01:02 | URL | ≫ EDIT

かっしぃさん、お久しぶりです♪

かっしぃさんはチョウチョウウオにすっごく詳しいですよね!
私も前は何匹かチョウチョウウオを泳がせていたこともあるんですが、色々あって一時、チョウチョウウオを入れるのを止めてました。

でも、今回、3月に入れたセグロが案外元気にしているし、以前よりヤッコの数をかなり減らしたので、今ならイケる!かもとブログにも書いた通り、ゴールデンバタフライを狙ってます。元々、ゴールデンバタフライは好きな魚で、昔付き合っていた彼氏がダイビングをする人で、彼の家にあったダイビング雑誌にゴールデンバタフライが載っていて、何てキレイな魚だろう!アイバンドも可愛いし♪と感動と衝撃と共に一目惚れ。

以来、好きな魚の一つです。でも、今回、入れてみようかな~と再び熱が再燃したのはかっしぃさんの水槽のチョウチョウウオ達を見たからなんです。(笑)ヤッコも好きだけど、チョウチョウにはまた別の魅力がありますよね。

7~8cmの2匹はサイズ的にやはり他のメンバーとの兼ね合いからして、難しいと思うので、12~13cmのゴールデンを狙っていこうと思います。ただ、あまり大きいとワヌケとかに目を付けられて襲われる可能性も大なので、セグロと大きさかぶってしまうけど、10~11cm位の方がいいかな~と思案中です。

障害致死のレッドシーバンナー。(笑)
バンナーはねぇ・・・可愛いけど、やってくれますよね・・・
うちに昔いたバンナーもハリセンボンの1種とイエローポリプの障害致死事件を起こしてました。^^;
丈夫だしヤッコと泳がせるにはうってつけなんだけど、本当に何でも突つきますよね。食べる為にではなく、イタズラに突つくカンジが・・・

| 釈菜 | 2008/06/01 21:47 | URL | ≫ EDIT

釈菜さん

>今回、入れてみようかな~と再び熱が再燃したのはかっしぃさんの水槽のチョウチョウウオ達を見たからなんです。(笑)
ホントにぃ???
・・・なんか、そんな風に言われると嬉しいものですな(笑)

>本当に何でも突つきますよね。食べる為にではなく、イタズラに突つくカンジが・・・
そうですねぇ・・・
何でも突っつくのは、治しようのないクセみたいなものなのかもしれません。最近、そう思うようになりました(苦笑)

| かっしぃ。 | 2008/06/02 22:29 | URL | ≫ EDIT

かっしぃさん、こんばんは~。釈菜です。
今日、かっしぃさんのブログのしばらく前の記事で
ゴールデンバタフライが突然死した記事を読みました。

私もゴールデンバタフライとレッドバックバタフライで
経験があります。(ゴールデンはインドフウライを追いかけ回して死んだのとは別の個体です)
前日の夜までバクバク食べていたり、当日の朝までバクバクと
エサを食べていたのに、帰宅してみると☆に・・・
全く原因不明。イジメられてもいず、いじめてもいなく、エサ食いもバッチリだったのに・・・もちろん白点などの病気でも
なくエラ病でもなく、おかしなところは何もなく、突然死したのはゴールデンバタフライだったりレッドバックだったりで
他種の魚で死亡したのはいないです。


2匹とも全く別々の時期に☆になってます。それぞれうちにいた時期はかぶらず、一緒の水槽にいたことはないです。
どちらもしばらく飼い込んだ個体だったんですが・・・
同じチョウチョウウオ系でもちょっと別口のレッドシーバンナーなんかは何事もなく7年生きて、あまりにもイタズラが酷くて里子に行ったんですが。


突然死の原因って何でしょう?ストレス?
それともエサに関わることなのか?上記の2匹が☆になった
時、他の魚には全く異常がなく、☆になった魚も出ませんでした。

原因不明の突然死ってイヤですよね・・・
手の打ちようがないので・・・原因が何となく分かっていて
落ちた時より、かなりショックです。

| 釈菜 | 2008/06/12 23:15 | URL | ≫ EDIT

突然死について

釈菜さん

ある程度の期間飼い込んで水槽にもしっかり馴染んだ個体が突然☆に(泣)
外傷や病気の兆候が全くなく、エサもバクバク食べていたのに・・・

こういったケースは原因がなかなか特定できませんが、
私が取っている個体ごとの飼育記録から突然死した個体の記録を抜き出してみると
いくつかの共通項があることに気付きました。

1.いつも同じエサを食べている(もしくはあげている)ことが多い。

2.他の混泳魚に比べるとかなりバクバク食べている。

3.死亡した際に消化管内を確認すると、未消化のまま残っている。

4.俗に言う「雑食性」の魚であることが多い。

これらの状況から、同じエサばかりをたくさん食べ続けると
消化管の機能に何らかの影響が出るようになるのかもしれないと最近は考えるようになりました。
それからは必ず複数のエサを同時に与えるようにしているのですが、
今のところ突然死は発生していません。

不確かな情報ですが、参考になりますでしょうか。。

| かっしぃ。 | 2008/06/14 02:40 | URL | ≫ EDIT

かっしぃさん、ありがとうございます!
突然死の原因、とっても参考になりました!

私もかっしぃさんの書かれた突然死の原因を読みながら、
過去を思い出すと思い当たることばかりです。

まず1番のいつも同じエサをあげている(または食べている)
これはこの通りでした。当時はシュアーをかなりメインで
あげていました。テトラグラニュールはあまり喜ばず、
口にしても吐き出すことが多かったので、ほとんど
シュアーが90%を占めるエサやりでした。


2番目もそうです。かなりバクバク食べていて、
チョウチョウウオにあるまじき激しい食いっぷりで、
いつもお腹がパンパンにふくらんでいるのが分かる
状態でした。


3番目の消化管内に未消化のエサが残っているですが、
確かに突然死は空腹時ではなく、満腹状態で起こって
いました。お腹がパンパンなので、便秘?と思って
淡水浴をしたりしましたから
(でもかっしぃさん、スゴイですね!チョウチョウウオの
解剖をしたってことですよね?幾ら太っていても
チョウチョウウオって薄いじゃないですか。一般の
食用魚に比べると。よく解剖できましたね~!)


4番目の雑食性の魚。これもそうです。うちでの
チョウチョウウオの突然死はゴールデンバタフライ、
レッドバックバタフライなので雑食の魚でした。


エサですが、現在あげている人工飼料はシュアー、
メガバイトのレッド、グリーンです。ただ、今は
他の混泳魚の為に毎日、アマエビ、イカをあげるので、
セグロはそれをよく食べているので、次入れる予定の
ゴールデンバタフライもおそらく慣れてくると食べて
くれるのではないかと期待しています。

雑食性ということは自然界ではかなり色々なエサを
摂っているので、おそらく単一のエサだと何らかの
障害を起こすのかもしれないですよね。
爬虫類を飼育する時も例えば蛇。蛇は完全に肉食で
マウス、ラット、ヒヨコなどを与えれば問題なく飼育でき
ますが、雑食性とされるトカゲ類などは肉、野菜、果物、昆虫
と多種多様なエサを与えなければならないので、
単一のエサだけだと長期飼育は難しいと言われていますよね。

魚にもそういうことが、もしかすると言えるのかも
しれないですね。フグなんかも肉食と思われがちですが、
実際には植物質のエサも与えないと突然死したりする
ようです。

バクバク食べていたり、未消化のエサが消化管内に
残ったまま突然死するのも、チョウチョウウオって天然だと
一日中、チョコマカと突ついて少しずつ食べ続けるタイプの
魚ですよね?食いだめできないタイプというか。
(チョウチョウは胃袋がないんでしたっけ?)

動物だと犬とかライオンタイプではなく猫のように1日数度に分けて少量ずつ食べるタイプのような。でも、人間が
チョウチョウウオを飼っている場合、どうしても普段は
朝・晩の2回の給餌で、しかも食いっぷりの良い個体だと
その時にドバーーーッとお腹が膨れるまで食べてしまいます
よね。そういう食べ方が消化管に負担をかけたりするの
かもしれないですね。

前に亀で経験があるんですが、ハマチのお刺身をあげてみると
喜んでよく食べたので、多目にあげてみたら完食しましたが、
翌日死んでいました。脂肪分の多いエサを大量にあげたのが
死因かと思いました。

これからは色々な種類のエサを食べ過ぎにならない程度に
(お腹が膨らみすぎない程度)あげてみようと思います。
ただ、他の魚種が大食いなのが揃っているので、エサも
多目にあげるので、どうしても食いっぷりの良い
チョウチョウウオだと奪い取るようにして食べてしまって
結果としてお腹パンパンに・・・セグロがそうです。


気を付けていきたいと思います。

それからゴールデンバタフライ、いよいよ注文したんですが、
ショップに2週間以上いた個体(ずっとHPに載っていました)で、餌付けOKになっていたので、安心して注文
したら、後でよくよく聞いてみたらエサは冷凍ブラインが
メインでそれはよく食べるけど、メガバイトは少しついばむ
程度とのこと・・・

ゴールデンだからとっくに人工飼料食べていると思ったら
甘かったです。以前に餌付いてないゴールデンを買って、
結局何も食べないので、アサリ→アサリと人工飼料の
ミックスエサ→人工餌と人工餌のみになるまでに2週間
以上かかったことがあります。

今回もアサリから始めるハメにならなければいいですが・・・
メガバイトは少しだけどつついているとのことなので、
何とかなりそうな気もしますが、ちょっと心配です。
魚自体はよく太っているとのことですが。

それとかっしぃさんの所でホンソメワケベラを入れて
いるのを見て、私も13年ぶりにホンソメも一緒に注文
しました。昔、ホンソメ入れた時にクリーニングを他の魚が
嫌がったのでそれっきり入れてなかったのですが、今は
魚の数も多いし、大丈夫かもしれないと思いまして。

かっしぃさんの所ではホンソメと他の魚の相性はどうですか?
うちの場合、ナポレオンがいるのでもしかすると
食べられてしまうかもです・・・他の方でナポがホンソメを
食べたという方がいました。一かバチか入れてみますが
もしかしたら食べられるかもしれません・・・


ここ2~3日、寒い日が続き、最高気温が16度、最低が7度
とかなので、今日到着予定のゴールデンバタフライと
ホンソメもカイロを入れて送ってきます。6月にカイロ!
なんて有り得ないですよね・・・

| 釈菜 | 2008/06/14 07:11 | URL | ≫ EDIT

釈菜さん

参考になったみたいで良かったです。

>幾ら太っていてもチョウチョウウオって薄いじゃないですか。
ちょこっとコツがあるんです(笑)包丁やナイフでは駄目で、
園芸用の小さいハサミで切りながら所々を虫ピンで留めていくんです。
慣れてくるとそんなに大変でもないですよ。

>雑食性とされるトカゲ類などは肉、野菜、果物、昆虫と多種多様なエサを与えなければならないので、単一のエサだけだと長期飼育は難しいと言われていますよね。
多分これに近いことなのだと思います。
個人的には消化酵素がらみではないかと・・・

>チョウチョウは胃袋がないんでしたっけ?
胃袋みたいになってる器官はないですねぇ。
釈菜さんの書かれたように食いだめは基本的に無理っぽいです。

>かっしぃさんの所ではホンソメと他の魚の相性はどうですか?
ウチでは小さい個体を入れたので相性は悪くなかったですよ。
大きい個体に頻繁につつかれると他の魚にとってストレスになってしまうことが多いかもしれません。
彼らは鋭い歯(牙と言ってもよいかも)で他の魚についた寄生虫や代謝により剥がれかけた体表面の劣化物などを削り取っていますからね。

小さい個体もいずれ大きくなりますが、それは問題ないと思います。
水槽内で大きくなる分には、いつも与える餌の味を覚えて、
他の魚のストレスになるほどのクリーニングはしなくなりますから(苦笑)

| かっしぃ。 | 2008/06/14 15:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaetodon.blog115.fc2.com/tb.php/29-9b9d7b5a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。