チョウチョウウオの長期混泳飼育をめざして

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホワイトフェイスバタフライ

DSC03247.jpg


学名:Chaetodon mesoleucos
主に紅海南部に生息しているようです。

メインタンクのボス。
給餌の時、他のメンバーは先を争って餌にありつこうとしますが、
彼は後から悠々と泳いできて、他のメンバーを蹴散らしながら餌を食べます。
自分が満足するだけ食べ終わると、給餌ポイントからすーっと離れ、
そうすると他のメンバーがまた、先を争って餌にありつこうとする・・・

そんな日常が繰り返されております。

DSC03248.jpg


ホワイトフェイスの通算飼育数は5匹。生存中の個体は2匹。
メインタンクのホワイトフェイスは06年4月から飼育しています。
もう1匹は06年12月に混泳させたものの、失敗しサブタンクで飼育中。。。

最初の個体は99年4月に購入。飼育日数は274日。
2番目の個体は01年2月に購入。飼育日数は92日。
3番目の個体が一番長期で、03年3月に購入。飼育日数は1602日。
・・・つい最近まで元気だったんですけどね(泣)

チョウチョウウオの場合、飼育経験上、同種の混泳は
5~6cmまでが一番成功率が高いです。うまくするとペアリングも可能なんですよ。
でも10cmをこえてしまうと難しい。
後から導入した個体を必要以上に攻撃することが多くなってしまい、
極端に成功率が落ちてしまいます。
特にラドフォルス亜属はこの傾向が強いように思います。トゲしかり、セグロしかりです。

現在メインタンクのホワイトフェイスも10cm近く。

彼のパートナーはもう無理だろうな~

| メインタンクで混泳中の魚たち | 12:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
ホワイトフェイスがボスだったんですね!
渋い色彩ですが、ワイルド?な風格がありますね。気は強そうですが、長期飼育難しいのですか?
私も飼育してみたいと思ってたのですが、近所のショップには中々入荷しません。問屋にも入荷無いようで・・・縁が無いのかもしれませんけど。

| ぴー父 | 2007/08/17 23:34 | URL | ≫ EDIT

>長期飼育難しいのですか?

飼育自体は問題ないと思いますが、
長期の混泳となると案外難しいかもしれません。

ぴー父さんのおっしゃるとおり、気は強い方だと思います。
それゆえ一度凹んでしまうと餌食いが悪くなりやすいですね。

入荷については、最近少ないかもしれません。

| かっしぃ。 | 2007/08/18 00:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaetodon.blog115.fc2.com/tb.php/4-ab49dbf6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。