チョウチョウウオの長期混泳飼育をめざして

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1993日。

メインタンクの混泳メンバーの中でも古株だった
ユウゼン(Chaetodon daedalma)#1が
☆になってしまいました(_ _。)・・・シュン



私が長期混泳の目安としている3年を越え、5年5ヶ月の間
他魚とのトラブルもほとんど起こさない優等生的な存在でした。

☆になる前日までは
普段と変わりなく元気な姿を見せていただけに、とても残念。



外傷や体表の異常はありませんでした。

瞳孔の異常収斂や、
吻を突出させたり、ヒレやエラ蓋を突っ張らせることもなく、
静かに横たわっていました。

解剖もしましたが、
原虫などの寄生も見られず感染症らしき部位も確認出来ません。

死因を特定したかったのですが、
これ以上は検査機関に依頼しなければならないため、やむ無く断念。


私がトリートメントタンクの常設を止めたのは、
この子を入手した時に試みた「塩素による洗浄を目的とした淡水浴」で
結果を出してくれたことがきっかけなんです。

そういう意味では、思い入れの強い子でもありました。



メインタンクのユウゼンが1匹になったことで、
パワーバランスにどのような変化を与えるのかも心配なところです・・・

| 未分類 | 21:12 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
ユウゼン、死因解らずですか。。
解剖までするかっしい。さんには脱帽です(汗)

塩素による洗浄・・・
私は淡水浴には水道水をそのまま使いますが、そういう事ですか?え、見当違い??(苦笑)
最近、ネットの入荷情報でテングチョウの名を見つけると片っ端から電話してみるのですが、皆すでに売約済み。ライバルは意外と多いものです。(涙)

| ぴー父 | 2010/02/01 22:09 | URL | ≫ EDIT

何度もすみません。

ユウゼンの体を横切る白いバンドは、出てる時と出てない時があるのですが、興奮したら出るのですか?
水換え後に出てる気もしますが、何か意味があるのでしょうか?
出てる方が綺麗なもので・・・宜しくお願いします。(笑)

| ぴー父 | 2010/02/01 22:14 | URL | ≫ EDIT

ダブルコメント、
ありがとうございます(笑)

>塩素による洗浄・・・
>私は淡水浴には水道水をそのまま使いますが、そういう事ですか?


そこからもう一歩踏み込んじゃうんです。
最初は勇気いりますケド。
ブログ上では説明しづらいので、
今度一度お会いして
そんな話もしてみたいですね!

>ライバルは意外と多いものです。(涙)

ですよねぇ・・・
この間某所にガーディナーズの良個体が入荷してたんですが
すでに売約済みでした(泣)

>ユウゼンの体を横切る白いバンドは、出てる時と出てない時があるのですが、
>興奮したら出るのですか?
>水換え後に出てる気もしますが、何か意味があるのでしょうか?


ユウゼンのウロコは黒が基調となっていて、
そのひとつひとつに占める白の面積が
他の部位より多い部分が
体を横切るバンド模様として見えるのですが
水槽飼育で長期にこの模様を維持することは結構難しいです。

興奮というか、
緊張すると通常よりは白みが強く出るのは確かですが、
この模様の意味も含めて
確かなことはよくわかりません( ̄ー ̄)ゞ

比較飼育してわかっていることは
夏冬で温度差を大きくすると長期に維持できる、
ということくらいでしょうか。。。

>出てる方が綺麗なもので・・・

ですよねぇ~
ちなみに身体の大小や
幼魚・成魚といったことには関係が無いみたいです。

| かっしぃ。 | 2010/02/02 00:20 | URL | ≫ EDIT

ユウゼンちゃん残念でした(T^T)
長くそばにいた子は尚更別れはが辛いですよね・・・
心中お察しいたします。

私は解剖する勇気はないですが、、、
どんな場合も死因については色々思い当たる事を探します。
それがもし本当の死因と掛け離れたものであったとしても
もっともっと何か改善できるのでは?って深く考える
きっかけになると思うから・・・
愛魚の死は無駄にしたくないですよね。

| azu | 2010/02/02 00:43 | URL | ≫ EDIT

ユウゼンは残念でしたね。

>この間某所にガーディナーズの良個体が入荷してたんですが
>すでに売約済みでした(泣)

それ、私です(^^;;
ちなみに鱗パラパラ病で、あっというまに落ちました(悲)。

| 雪風 | 2010/02/02 22:41 | URL | ≫ EDIT

■azuさん

>それがもし本当の死因と掛け離れたものであったとしても
>もっともっと何か改善できるのでは?


★になるのは、多分ひとつの原因だけじゃないと思います。
死因に結びつくリスクをひとつひとつ取り除いていけば、
おのずと魚達は状態良く長生きしてくれるんじゃないかなぁ。
だから、azuさんの考え方はとても大事なことだと思いますよ( ̄▽ ̄)V


■雪風さん

>それ、私です(^^;;
>ちなみに鱗パラパラ病で、あっというまに落ちました(悲)。


そうだったんですか・・・
鱗パラパラ病というのはつらいですね(号泣)
良個体だっただけに残念です。。。

| かっしぃ。 | 2010/02/03 01:31 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/02/04 14:16 | | ≫ EDIT

■鍵コメさん

りょうかいしました(^^
情報ありがとうございます。

| かっしぃ。 | 2010/02/05 16:04 | URL | ≫ EDIT

初めまして

初コメント

僕も小笠原産ユウゼン幼魚を去年初夏まで飼っていました

水槽が30cmオーバーフローと小さいんで、小笠原産ユウゼン幼魚3匹・小笠原産レンテンヤッコベビー2匹をメインに飼っていましたが、ある日の夜に突然、沖縄産ホンソメベビーとパープルファイヤー以外が全滅してしまいました!

朝まで元気いっぱいで、餌もバクバク食べていたんで、あまりのショックに海水魚飼育をやめようかと思いました

レンテンヤッコは、水温と餌の栄養バランスが長生きのコツみたいです

ユウゼンは、万全のエラ病やユウゼン特有の寄生虫駆除が長生きのコツみたいです

ユウゼンとレンテンヤッコを沢山飼っているベテランから教えてもらったユウゼンのトリートメント治療法は、ホルマリン治療とある治療薬を数週間やる方法が、1番良いみたいです

淡水浴は、全ての寄生虫が駆除出来ずに、エラから血を出し死んでしまうリスクが高いみたいです

また、飼育はスカンクとホンソメとパクパクする珊瑚水槽で飼うのがベストみたいです

あとは新しく入れる魚をきちんと寄生虫駆除してから導入することと、魚が増えることで水質変化に、気をつけることですね

我が家は今、レンテンヤッコをメインにしてるんで、ユウゼンは水槽をデカくするまで飼わないです

ユウゼンのトリートメント寄生虫駆除の方法を詳しく知りたい時は教えます

| しゅう | 2010/02/09 04:00 | URL | ≫ EDIT

■しゅうさん

初めまして♪


>朝まで元気いっぱいで、餌もバクバク食べていたんで、
>あまりのショックに海水魚飼育をやめようかと思いました


その気持ち、すごくわかります【T__T】

だんだん弱ったりするならまだしも、
突然★になってしまうと悲しすぎますよね。。。

レンテンヤッコとユウゼンって絵になりますよね!
私だったら、そこにゴマチョウ入れちゃいそうです(笑)

| かっしぃ。 | 2010/02/14 21:29 | URL | ≫ EDIT

突然死の原因

腸内ビブリオや餌を食べていても、栄養が吸収されない栄養失調症があるみたいです

新しい綺麗な海水と水質・メガバイト[腸内の働きを良くする栄養入り]が良いみたいっす

| しゅう | 2010/03/05 03:09 | URL | ≫ EDIT

■しゅうさん

消化器官の働きを良くするためには
単一の餌だけでなく、
いろいろな種類の餌を与えることも
大切ですよね。

メガバイトはウチでも与えてますよ♪

| かっしぃ。 | 2010/03/12 20:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaetodon.blog115.fc2.com/tb.php/59-46fc2b0f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。