チョウチョウウオの長期混泳飼育をめざして

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スダレチョウチョウウオ



トミさん宅で素晴らしい個体(上の写真がそれです)を見て以来、
自分のメインタンクでも泳がせたいと思っていたのが、

スダレチョウチョウウオ(Chaetodon ulietensis

相模湾より南の太平洋側、中部太平洋からオセアニア海域にかけて広く分布。
ココスキーリングやハワイでの採取記録もあります。

まとまった数が生息していても、
オーストラリア便やフィジー便で入荷することはほとんどありません。
主にインドネシア便(バリ、スラウェシなど)やフィリピン便(マニラ、セブなど)で入荷。

入荷頻度は比較的コンスタントな感じがするのですが、
いざ探すとなると、
なかなか納得のいく個体に出会えませんでした。。。

というのも
インドネシア便やセブ便で入ってくる個体は、

吻が長く美形なタイプが多いんです。

「そりゃ結構じゃないか」って言われそうですけど、


私はどちらかというと

美形よりもカワユイ方が好きなので

( ̄ー ̄)ゞ


ラドフォルス亜属のチョウチョなら吻は短めのほうがイイな、って思います。
目と吻先が離れ過ぎないほうが、可愛らしい印象になるんですよ。

で、狙い目が南シナ海タイプ。なぜか短めの吻であることが多い。
マニラ便でたまに入ってきます。数は少ないですけど・・・

あ、あと簾模様も重要です。
特徴的な簾模様ですが、成長につれて少しずつ黒の面積が減少し、
サドルバック(Chaetodon falculaっぽくなる傾向があります。
どうせ選ぶなら、簾模様に黒がたっぷりのった「スダレチョウらしい」個体を私は選びたい。

と、スダレチョウに関しては自分なりの「こだわり」があって、
なかなか気に入った個体を見つけられない日々が続いておりました。
そんな中、あるショップの入荷情報をチェックしていると、

南シナ海タイプの個体が

いるではないですか!!

簾模様の黒味もイイ感じ!!


・・・ということで、ついに入手しちゃいました。

即メインタンクの正式メンバーとして迎えたかったのですが、ここはぐっと我慢。
トゲチョウやホワイトフェイスといった同属の先住者がいるため、
いつもより長めに体験入海期間をとりました。

そして先日、ようやく混泳できそうな感じに・・・

( ̄▽ ̄)V




どうです、カワユイでしょ?



しかも2匹ですよん♪




| メインタンクで混泳中の魚たち | 17:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

スダレチョウチョウウオ

 私も好きですね、このチョウチョウウオ。日南では友人の手で毎年の様に採れています。7~8cmの個体が多いのですが、いずれも黒の帯は太いです(昨夜送りしたCDにも載せました)。

 友人の一人(宮崎市内)は珊瑚水槽で飼育し、あまりつつかない事を証明しつつありますが、本来は好き好んで食べるでしょう(珊瑚は種類によると思いますが)。

| 田中宏幸 | 2010/05/07 13:36 | URL | ≫ EDIT

かっしぃ。さん。
そいえば 前に言ってましたよねぇ~。

人間も 確か「かわゆい子」が お好きだそうで。(*≧m≦*)

ほんとだ!
顔が違いますね~! かわいい♪♪
スダレチョウも インドと 普通?通常?では 色が違うんだそうですね~。
インドフウライの時に 旦那さまに教えてもらいました。(^^)

この間。
水換えと 同時に チェルモをメインに もぅ1匹追加したんですょ。

少し 時間が経って 夜見に行ったら、
チェルモ2匹とも・だけ、はぁはぁ・・して 横たわってまして。。Σ(゜д゜lll)
おかしいので 急いで すくってもらって。

手で すくえちゃった程の状態で・・。ΣΣ(゜д゜lll)

ビックリしたのが 屋敷の方の水槽で 2匹別でトリートメントしたら
 生き返りました!!w(゜o゜*)w

その後、またメインに 2匹同時に入れたんですが 大ゲンカを してしまって・・。
横たわってたのは ケンカしたせいだったんですかねぇ?

・・仲良くなることは ないのかなぁ。Д`)

| あやの | 2010/05/07 15:44 | URL | ≫ EDIT

■田中宏幸さん

>日南では友人の手で毎年の様に採れています。

うらやましいです。関東では無理ですから(笑)

>いずれも黒の帯は太いです。

これは興味深いです。
やっぱり奄美や沖縄の個体とは異なるんですね。

濃く太いのは石垣やフィリピンの個体に多く見られます。
宮崎の個体は黒潮に乗ってフィリピン付近から来ているのかもしれません。
海流図を見るとその可能性を強く感じます。

>本来は好き好んで食べるでしょう。

ひょっとすると、普段の餌が彼らにとって珊瑚より美味しいのかも(^^


■あやのさん

>そいえば 前に言ってましたよねぇ~。
>人間も 確か「かわゆい子」が お好きだそうで。(*≧m≦*)


えっ?( ̄▽ ̄;)アハハ…

>ほんとだ!
>顔が違いますね~! かわいい♪♪


でしょでしょ♪

>・・仲良くなることは ないのかなぁ。Д`)

チョウチョの中でもケンカしやすい種類ですからねぇ(≧ヘ≦)
でも、とことんケンカした挙句に仲良くなるコトもありますよ。

| かっしぃ。 | 2010/05/09 02:16 | URL | ≫ EDIT

海底で見るとまた綺麗でしょうね。

 インド洋には近似種が居ますが、インド洋といってもクリスマス島(豪)にはスダレが居てサドルバックは居ません。

 さて、この2種はまったく顔を合わせないのか、または顔を合わせる海域があるのか、どっちだと思います? 前者なら両者とも存在しない海域があるのかも知れません。それはどこでしょう? こんな事を考えた事があるでしょう?

| 田中宏幸 | 2010/05/09 10:45 | URL | ≫ EDIT

■田中宏幸さん

>この2種はまったく顔を合わせないのか、または顔を合わせる海域があるのか、どっちだと思います?

もう。難しい質問でイジメないでください(笑)

そうですねぇ・・・
個人的には、まったく顔を合わせないと思ってます。

もし顔を合わせるとすれば、
マラッカ海峡周辺か、バトゥ諸島周辺しかないでしょう。

マラッカ海峡は両者とも通れるような環境ではないから行き来は困難。
スマトラ北端からバトゥ諸島周辺までは海流の関係で
サドルバックが南下したり、スダレチョウが北上することは難しい感じがします。

私は素人なので、この程度しか考えられませんけど、
両者とも存在しない可能性のある海域としては
この2箇所あたりではないかなぁ。。。

| かっしぃ。 | 2010/05/09 14:23 | URL | ≫ EDIT

いじめなんか趣味ではないのですが、つい詳しそうな人に訊いてしまいたくなるではないですか? 

元々1種で、広く分布していたと考えられます。

 地殻変動、長年の海流の変化・環境の変化により、それぞれの海域で進化した、と思われます。その間分布域は少なくとも大きく2つに分かれていたと。

 さらに環境が変わり、ある2種は互いにごく近い海域での存在となり、たまに一緒に泳ぐようになった(ミスジとインディアン・メロン)。

 あるいは別種と進化した後に、互いの分布が次第にオーヴァーラップするようになった(カガミ、アミメ、ベニオ)。

 別の2種はお互いにさらにかけ離れた海域での棲息となった(ミスジとレッド・シー・メロン)。今直進化を続けている。

 それで答えは実地のダイヴァーでしか知りえないのではないかと思いますが、想像するだけで楽しくなりませんか?

| 田中宏幸 | 2010/05/09 15:11 | URL | ≫ EDIT

とことん・・ ですか。(^^;
ちと 様子見してます。(^^;;

ありがとございます!∀`)

| あやの | 2010/05/09 22:29 | URL | ≫ EDIT

ゆっくり楽しんで下さい。

| 田中宏幸 | 2010/05/10 15:12 | URL | ≫ EDIT

■田中宏幸さん

>ゆっくり楽しんで下さい。

CD、今日(11日)届きました♪
ゆっくり、じっくり楽しみます!
本当にありがとございました<(_ _)>

>元々1種で、広く分布していたと考えられます。

そうですね、
元々の1種をあれこれ想像するだけでも楽しくなります(^^


■あやのさん

>とことん・・ ですか。(^^;

とことんです ( ̄з ̄)♪

>ちと 様子見してます。(^^;;

当然のことながら、ヤバイ時はそのままにしちゃ駄目ですよ。
ボロボロになってしまったら、
それは「様子見」ではなく「放置」ですから(≧ヘ≦)

| かっしぃ。 | 2010/05/12 00:36 | URL | ≫ EDIT

届いて何よりです。魚の写真が小さくて済みません。
書きたいことを書いただけの、遊びが過ぎたCDですよ。

’とことん’突き詰めれば新たな発見がありましょう。
私も素人ですので遊びであって、悲壮感はありませんが。

| 田中宏幸 | 2010/05/12 07:42 | URL | ≫ EDIT

先日B-Boxに伺って楽しい時間を過ごせました。

| 田中宏幸 | 2010/05/18 09:07 | URL | ≫ EDIT

田中宏幸さん

>書きたいことを書いただけの、遊びが過ぎたCDですよ。

とんでもないです!
想像以上にギッシリ詰まっていて驚きました!!
読み急ぐと勿体無い気がするので、
少しずつ読むようにしていますよ(^^

>先日B-Boxに伺って楽しい時間を過ごせました。

良い個体は見つかりましたか??
何か入手されたのでしょうか・・・

| かっしぃ。 | 2010/05/19 23:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaetodon.blog115.fc2.com/tb.php/63-08f203c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。