チョウチョウウオの長期混泳飼育をめざして

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

臨戦態勢

処置前のGB

ここ何日か、
ゴールデンバタフライフィッシュ(Chaetodon semilarvatus
♯2
の調子が
よくありませんでした。

体色は何となく黒ずんでるし、ぼ~っとしてる。
呼吸も少し荒いような。。。


・・・などと観察していると、




頭を小刻みに左右に振って

突然変な泳ぎを始めるじゃないですか!





こ、これって、、、まさかエラ病!?





エラ病に淡水浴は効かないし、
濃塩治療は魚体へのダメージが大きいし。。。


悩んだ挙句、
濃度や薬浴時間の設定が確立出来ていないものの
一定の効果が期待できる、
ある薬品を使ってみることにしました。

しかし私自身は
この薬品を実際のエラ病に試してみたことがありません。

ただ、かねてから魚体に対する安全性について
自分で治験的なデータ取りを重ねてきていた薬品ではあったので
大切なチョウチョ達を薬殺することだけは無いだろう、
そう判断しての決断です。



果たして効果はあるのか・・・



急いでプラケに収容し、処置を開始します。

しばらくすると、何と!

エラから粉っぽいモノがパラパラと・・・
その後薬浴時間の経過と共にその数は増えてきました。
エラ蓋が開閉するたびに粉のようなものが吹き出す程に(汗)


処置後にゴールデン君はメインタンクに戻ってもらい、
プラケの底にたまった粉っぽいモノを確認してみます。

何だこれは?


な、何だコレはぁぁぁぁぁぁ!?

マジかよ(泣)


こ、これは、ダクチロギルス(Dactylogyrus
ギロダクチルス(Gyrodactylus)の仲間っぽいではないか!!!

大きさからするとダクチロギルスの一種に間違いなさそうだ。
ということは、



これらの寄生による

エラ病であることは決定的です(泣)



なんてことだ・・・


心当たりといえば
最近、一時的にメインタンクの浮きカゴに泳がせていたゴマチョウだろうか。。
あまりにもチビ過ぎるため
検疫をしっかり出来なかったからなぁ。

このところ導入時のトラブルが無かったばっかりに、
基本的なところをいい加減にしてしまったのがいけなかった。


処置後のGB

処置の済んだゴールデン君は普段の元気を取り戻した様子。
黄色の発色も心持ち良くなった感じです。

とにかくダクチロギルスのたぐいは徹底的に駆除しないと。
幸い週末はまとまった時間が取れそうでよかった。

根こそぎ退治するからな!!

待ってろ、ダクチロギルス!!!




| 病気 | 21:58 | comments:36 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うわぁ~・・・ここにも変な虫がぁ~~。。

寄生虫のたぐいって滅入りますよね。(苦笑)
ゴールデンだけ寄生されてるのか?
他のチョウはまだ軽傷なのか?
エラ虫で有名なユウゼンは何ともないのか?
いろいろ気になりますが、撲滅願っております。

虫に襲われたウチのオウギは背肉が付いてきて一安心です。
アサリも1日5個位(内臓部)ぺろっと行きますから、そろそろ次のステージへ移行したいと思います。


| ぴー父 | 2010/09/14 23:19 | URL | ≫ EDIT

■ぴー父さん

>うわぁ~・・・ここにも変な虫がぁ~~。。

そうなんですよぅ。。。
持ち込まないように気をつけていた
つもりだったんですけどね【T__T】

>寄生虫のたぐいって滅入りますよね。(苦笑)
>ゴールデンだけ寄生されてるのか?
>他のチョウはまだ軽傷なのか?
>エラ虫で有名なユウゼンは何ともないのか?


ホント、滅入りますよね(苦笑)
ゴールデンのエラからは結構出てきたので
他のチョウチョ達も少なからず寄生されてそうです(汗)
ユウゼンは特に気をつけて見てますが、
今のところ変な兆候は出てません。

念のため週末にメインタンクのメンバー全てに
虫下しを実施する予定です。

>いろいろ気になりますが、撲滅願っております。

ありがとうございます、頑張ります♪

>虫に襲われたウチのオウギは背肉が付いてきて一安心です。

あの虫にはびっくりしました(滝汗)
でも背肉が付くまで復活したのは素晴らしいです♪♪

>アサリも1日5個位(内臓部)ぺろっと行きます

かなりの大食漢なんですねぇく("0")>
でも、オウギはそのくらいが良いと思います(^^

>そろそろ次のステージへ移行したいと思います。

おおっ!!
かなり期待してますよ( ̄▽ ̄)V
楽しみです♪♪

| かっしぃ。 | 2010/09/15 01:38 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/09/15 09:37 | | ≫ EDIT

(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル  

チョウチョは 寄生虫みたいなの、よく持ってたりしますよね~。
チョウチョ以外の 魚飼ってると まったく 気にならないのに。。

この間。
RBBF入手しました♪ 2匹も♪♪
かっしぃ。さん家も 居るんですよね~。(´m`)

| あやの | 2010/09/15 10:42 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。

エラ病・ダクチロギルス。
懐かしい名前です。
昔S&Sに治療法が掲載されていましたね。

当時の情報ではチョウ固有の病気で長期飼育中の個体に発症、淡水浴で治療するというものだったでしょうか。
自分も飼育中のゴールデンバタフライ、ユウゼンを淡水浴で治療しましたが、ユウゼンは調子を崩しあえなく☆に…。
ユウゼンが淡水浴、硫酸銅に弱いことPHショックについてもよく知りませんでした。
高い授業料だったような。

機会がありましたら試された薬など治療法についてご教示ください。

| hanapapa | 2010/09/15 19:18 | URL | ≫ EDIT

先ほどのコメント中、エラ病の治療法に誤りがありました。
正しくは淡水浴× 濃塩水浴○ でした。
不正確な記憶で失礼しました。

| hanapapa | 2010/09/15 21:17 | URL | ≫ EDIT

■鍵コメさん

ちょっと時間下さい、後日メールしますね♪

| かっしぃ。 | 2010/09/15 23:21 | URL | ≫ EDIT

■あやのさん

>チョウチョ以外の 魚飼ってると まったく 気にならないのに。。

そうなんですよねぇ。。。
特に最近の子は寄生虫持ちが多くて、嫌になります(≧ヘ≦)

>RBBF入手しました♪ 2匹も♪♪
>かっしぃ。さん家も 居るんですよね~。(´m`)


国内入荷は相当久しぶりだと思います。
紅海北部便が途絶えてから2匹入手できるなんて
今年のチョウチョ運を全て使い果たしたのでは(笑)

あの赤い部分を綺麗に維持するのが難しいですよ。
だんだん黒いシミが増えちゃう。

以前、メインタンクで泳がせていたウチの子も
MAに掲載されたころに比べると
随分黒くなっちゃいましたよ(泣)

| かっしぃ。 | 2010/09/15 23:22 | URL | ≫ EDIT

■hanapapaさん

>エラ病・ダクチロギルス。
>懐かしい名前です。


おおっ、懐かしさを感じるとは!!!
ところが最近また多くなってるみたいですよ。
なんとも厄介な連中です(苦笑)

>自分も飼育中のゴールデンバタフライ、ユウゼンを淡水浴で治療しましたが、ユウゼンは調子を崩しあえなく☆に…。
>ユウゼンが淡水浴、硫酸銅に弱いことPHショックについてもよく知りませんでした。
>高い授業料だったような。


エラ病に限らず、魚体に負担をかけないで治療するのは難しいですよね。
同じ種類のチョウチョであっても個体差があったりするし。。。

>機会がありましたら試された薬など治療法についてご教示ください。

今回を機に薬の濃度など、色々わかったこともあります。

ただ、別な病気の治療法を記事にしたとき、
情報が断片的に一人歩きをしたり、
都合よく解釈されて正しい治療法が伝わらなかったりして、
ショックを受けた経験があるんです(泣)

だから不特定多数が目にするブログでは
具体的な記事にしにくいのが悩ましいところ。

・・・というか、
hanapapaさんとはまた直接会えますよね!
その時にお話できると思います♪♪

| かっしぃ。 | 2010/09/15 23:24 | URL | ≫ EDIT

あぁ・・・・
宿敵エラ病(泣)
こいつですか正体は!!!
くぅ・・・

この病気は克服できていません。。。
チョウチョウウオ飼う上で高い壁になってます。
今度機会があれば是非ご伝授お願いしますm(_ _)m

| azu | 2010/09/16 00:16 | URL | ≫ EDIT

う~ん、勉強になります。
魚のちょっとしたしぐさや体の色などから的確な病状と治療法を選択できるなんて、さすがです。
私なんて餌食いが落ちたところで「おやっ」っと思うのがやっと...まして薬剤の選択はできないので、試しながらと魚達には負担かけまくってます。
改善しないときは、ネットの情報にすがる思いで検索しまくったり....差し支えなければ略語でかまいません、ちこっと薬の...ってずうずうしいですよね。m(_ _)m

| ぽち | 2010/09/16 11:06 | URL | ≫ EDIT

エラ病。。。濃塩水浴をするのは勇気がいりますよね。
しかし、チョウチョウウオ飼育では避けて通れないところ。

かっしぃさんの治療法、近いうちに直接聞けるやもしれませんね。

レッドバック、元気ですよ。
後で聞いたら、同じシッパーにラクーンもいたそうなので
次回はラクーンを注文しようかと思ってます。

| 雪風 | 2010/09/16 23:34 | URL | ≫ EDIT

■azuさん

>こいつですか正体は!!!
>くぅ・・・


見るからに嫌なヤツです(≧ヘ≦)
淡水域に生息するものを含めると10種類以上いるようです。

>この病気は克服できていません。。。
>チョウチョウウオ飼う上で高い壁になってます。


克服となると難しいですね(泣)
今回、試してみた方法も完全に駆除出来ているかどうかは
まだわかりません(_ _。)・・・

それに、エラ病は今回駆除したダクチロギルスやギロダクチロギルスといった単後吸盤目によるものだけではなく、ヘテラキシネやミクロコチレといった多後吸盤目によって発症するものもあります。
その場合に今回の方法が果たして有効かどうか。。。

あとは寄生虫以外が原因の場合もありますから、
その場合は他の対処法を考えなければなりません。。。

あ~、考えれば考えるほど気が滅入りますな(* ̄▼ ̄*)

>今度機会があれば是非ご伝授お願いしますm(_ _)m

hanapapaさんへのお返事に書いた内容とダブっちゃいますが
別な病気の治療法を記事にしたとき、
情報が断片的に一人歩きをしたり、
都合よく解釈されて正しい治療法が伝わらなかったりして、
ショックを受けた経験が・・・

なので
不特定多数が目にするブログでは難しいですが、
今度会ったときにでも、お話出来ればと思います(*^o^*)

| かっしぃ。 | 2010/09/18 00:06 | URL | ≫ EDIT

■ぽちさん

>私なんて餌食いが落ちたところで「おやっ」っと思うのがやっと...

そうやって気付いてあげられるかどうかが大事なんだと思います。
私だって「もっと早く気付いてあげらたら・・・」って、いつも後悔してますもん。。。
負担をかけない治療法・・・アクアリストにとって永遠の課題かもしれません。

>ちこっと薬の...ってずうずうしいですよね。

そんなことは全然ありませんよ。
ただ、hanapapaさんやazuさんへのお返事にも書いたように
別な病気の治療法を記事にしたとき、
情報が断片的に一人歩きをしたり、
都合よく解釈されて正しい治療法が伝わらなかったりして、
ショックを受けた経験があるので・・・

ホント、それだけなんです。
お会い出来る機会があれば、色々お話出来るんですけどね。。。

| かっしぃ。 | 2010/09/18 00:11 | URL | ≫ EDIT

■雪風さん

>エラ病。。。濃塩水浴をするのは勇気がいりますよね。

そうなんですよぅ、、、
特に小心者(?)の私は
濃塩水浴で苦しみ暴れるチョウチョを見てからというもの
怖くて怖くて(苦笑)

>近いうちに直接聞けるやもしれませんね。

ですねっ♪
でも、聞いたらひっくり返るかも(汗)

>レッドバック、元気ですよ。
>後で聞いたら、同じシッパーにラクーンもいたそうなので
>次回はラクーンを注文しようかと思ってます。


おお、元気にしておりますか!!

レッドバックは私も5、6匹泳がせたいなぁ。。
ラクーンもストックしてたということは、
かなり北部側で採取しているようですね。
今後が楽しみです♪♪

| かっしぃ。 | 2010/09/18 00:13 | URL | ≫ EDIT

えら虫…
チョウチョと付き合う上で永遠の課題ですね。

とある地元のベテランの方に教わったのですが、
(敢えて薬品名は伏せ気味にします。もしも同じ物だったらあれなので…)
茶色い色した人間も使う薬を使うと直ると聞いた事が有ります。
使い方間違えなければ濃塩水浴より遥かに安全だと聞きました。

ちなみにその方の場合は人間と同じ濃度のものをコップに入れて一瞬だけ頭ごと鰓に浸透するように浸けてからその後GFGや淡水浴でケアを行い水槽に戻すという超豪快な荒療治してますが、
私は怖かったので海水に薄めに溶かして数分薬浴させるに留めましたが、確かに鰓から虫がぱらぱらと出てきました。

かっしぃさんが使用された薬品が同じ物なのかは解りませんけどね。

濃塩水浴は体表を著しくダメージを負いますし致死率も高く危険です。
それに加えてホントに効くのかなという信憑性もあり、
私も怖くてできないです…。

| ひろさん | 2010/09/19 00:46 | URL | ≫ EDIT

Grill Fluke?

こんにちは。
すごいですね。
How will you cure this fish? freshwater dip?

| spsholic | 2010/09/28 08:43 | URL | ≫ EDIT

こんにちは、先日お話しましたタマ子(嫁命名:ミスジ)が覚醒してしまいました。オレンジフェイスを追加したのですが、入れた直後からフィンスプレッティングを始めて、そのうち体を真横にして威嚇し始めたんですよ。タマ子はインドタイプではないので自然下では会ったことないはずなのに、他の子にしない行動をとり縄張り?を主張しているかのようでした。その後、餌をついばむスピードが明らかに早くなり、つんつくつんつん、そりゃものすごい速さにwオレンジに盗られまいとしてるのでしょうか。自然下では会ったことなくてもポリプ食同士とすぐ見分けられるのでしょうか?実に不思議です。

| ぽち | 2010/09/28 14:23 | URL | ≫ EDIT

■ひろさん

>茶色い色した人間も使う薬を使うと直ると聞いた事が有ります。

茶色い??・・・ん?あっ、「あれ」ですね(笑)
今回使用したのは別な薬品で透明なヤツです。
「あれ」は私も試したことありますよ。
確かに使い方を間違えなければ濃塩水浴より格段に良いと思います。

>人間と同じ濃度のものをコップに入れて一瞬だけ頭ごと鰓に浸透するように浸けて

ひえぇぇぇ!!そ、それはスゴイ(汗)

>私は怖かったので海水に薄めに溶かして数分薬浴させるに留めました

私も「あれ」を使うなら、ひろさんと同じようにしますよ♪

| かっしぃ。 | 2010/10/03 23:47 | URL | ≫ EDIT

■spsholic さん

> freshwater dip?

seawater plus medicine"x"

The medicine"x" dosage is not clear.
But if it is clearly, in a blog post can...

| かっしぃ。 | 2010/10/03 23:48 | URL | ≫ EDIT

■ぽちさん

>自然下では会ったことなくてもポリプ食同士とすぐ見分けられるのでしょうか?実に不思議です。

ホント不思議ですよね。

ぽちさんトコの場合はたまたまポリプ食同士ですが、
飼育下の場合、雑食性とポリプ食性との間でも
同様の仕草が結構見られます。

同じ組み合わせでも
個体が変われば「仲良し」ということもあります。

まだまだわからないことが多いです。

| かっしぃ。 | 2010/10/03 23:51 | URL | ≫ EDIT

寄生虫駆除と予防対策

まずは持ち込まない

水槽内で増やさないが1番ですね

水槽に導入前に、淡水浴出来る魚はして、淡水で取れない種類の寄生虫を、薬浴をして、その間に完全に餌付けをするのがベストですね

後は魚をあまり密集させないで、珊瑚などで水を循環させるとかなり、寄生虫を防げます

薬駆除は同じ方法ですかね?

| しゅう | 2010/10/05 08:25 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

突然おじゃまして申し訳ありません

エラ虫って淡水浴では落ちないんですね、初めて知りました。
濃塩治療もそれほど魚体にダメージがあるものだと言うのも初耳で、本当に参考になります。


さて厚かましくも一つ教えていただきたい事があります。
最近我が家のフエヤッコの体表が白くカサカサした感じになり困っています。
念の為GFG浴を行っているのですが効果がないようです。
急激にそのような症状になったのではなく、頭の黒い部分が目立つからか、徐々に荒れた感じになってきました。
寄生虫ではなさそうだし、カビの一種?、または内臓疾患からくるものなのかよくわかりません

もし心当たりがございましたら教えていただけたら幸いです。

画像は元気だった頃のフエ君です。
http://www.youtube.com/watch?v=n1KeiAP4qEI

| Hon | 2010/10/07 08:54 | URL | ≫ EDIT

■しゅうさん

>まずは持ち込まない
>水槽内で増やさないが1番ですね


そうですね。
単後吸盤目や多後吸盤目のたぐいは
魚の導入時に駆除してしまうことがポイントになるでしょう。

>薬駆除は同じ方法ですかね?

しゅうさんの方法を知らないので何とも言えませんが、
薬を使った駆除方法はいくつかあると思います。

| かっしぃ。 | 2010/10/07 23:54 | URL | ≫ EDIT

■Honさん

>はじめまして

はじめましてm(_ _)m

>最近我が家のフエヤッコの体表が白くカサカサした感じになり困っています。

んー、文章だけではコメントが難しいです。
せめて画像があれば判断できるかもしれないのですが。。。

>画像は元気だった頃のフエ君です。

拝見いたしました。魚種の組み合わせが上手ですね♪
初期症状っぽいものが現れていれば
判断材料になったのですが
この時のフエ君は問題ないですもんね・・・

| かっしぃ。 | 2010/10/07 23:57 | URL | ≫ EDIT

お世話になります。
画像がないとわかりませんよね(^^;)
写真は用意しておいたのですが貼りかたがわかりませんでした。
今朝の状況です。
http://www.youtube.com/watch?v=OD7Z-JqaNv0
動きがぎこちないし、かなり・・・・
餌はまだそこそこ食べております。

>拝見いたしました。魚種の組み合わせが上手ですね♪
ありがとうございます。
おとなしい種がほとんどかもですね(^^;)
ただウズマキは大きくなってしょっちゅうゴロゴロ言ってます。

| Hon | 2010/10/08 08:18 | URL | ≫ EDIT

■Honさん

画像拝見しました。
残念ながら全体的に暗いのとアップの画像が無いので
肌荒れの様子を確認するのは難しいです。

けれども両方の胸鰭がかなり白濁していること、
背鰭の付け根あたり(俗に云う縁側の部分)が
左右対称に少し盛り上がっていることは確認できました。

鰭の白濁が何かは
高解像度でないと判断するのは無理ですが、
背鰭の付け根が盛り上がるのは
何らかの細菌が感染している可能性が非常に高いです。

混泳している他の魚達に触れて広まったりしないよう、
フエ君は隔離することをおすすめします。

| かっしぃ。 | 2010/10/08 23:57 | URL | ≫ EDIT

詳しい解説ありがとうございます。

早速隔離をしました。


やはり病原菌という線が濃厚と言う事ですね、とにかくやれるだけやってみたいと思います。


ありがとうございましたm(_ _)m

| Hon | 2010/10/09 19:01 | URL | ≫ EDIT

■Honさん

>病原菌という線が濃厚と言う事ですね

あくまで「画像を見る限り」なので注意が必要です。

淡水浴を実施していないのであれば
試してみるようにしてくださいね。

もしハダムシなどによるものであれば
淡水浴だけで回復するのですから。。

| かっしぃ。 | 2010/10/09 22:27 | URL | ≫ EDIT

おはようございます。

お世話になります。


淡水浴は実施してみました。
しかし改善してない状況です。


エルバもGFGもやってみましたが、効果はなさそうでした。


後は未知の領域の薬品の使用を検討しております。

| Hon | 2010/10/10 08:14 | URL | ≫ EDIT

■Honさん

>淡水浴は実施してみました。
>しかし改善してない状況です。


症状や病態について実物を確認できないので
適切なコメントが出来ませんが、
仮に細菌によるものであれば、
自己の免疫で回復することもあります。

海水を清浄に保ち、
落ち着いた環境で様子をみる方がよいかもしれません。

薬品の連投でフエ君が参ってしまわないように
してあげてくださいね。

| かっしぃ。 | 2010/10/10 13:03 | URL | ≫ EDIT

こんばんは


アドバイスありがとうございます。
改善しない時は薬品薬品と走ってしまって基本的な事を忘れてしまいそうです


かっしいさんのそれぞれの個体に注ぐ愛情がわかりました。


とりあえず初使用の薬品を使用してみて大分改善の兆しが見えてきました。


正直言うと最近魚の導入が相次いで、濾過能力が追いつかない面があったのではないかと思っています。


今日は物理濾過能力を強化しましたので、経過をみてみたいと思います。

| Hon | 2010/10/10 21:53 | URL | ≫ EDIT

■Honさん

>改善しない時は薬品薬品と走ってしまって基本的な事を忘れてしまいそうです

Honさんのように「基本的な事を忘れているんじゃないか」と見直すことは大事なことだと思います。少し安心しました。

>今日は物理濾過能力を強化しましたので、経過をみてみたいと思います。

循環水量が増えれば水槽内のよどみも減るので飼育環境も良くなると思います。
フエ君が元気になる日が早く来るといいですね!

| かっしぃ。 | 2010/10/10 23:59 | URL | ≫ EDIT

おはようございます。

これまでのシステムはタンク→プロテインスキマー→ドライタワー→ウールボックス→タンクと言う順序でした。

昨日システムを変更してサンプを足し、タンク→ウールボックス→サンプ→プロテインスキマー→ドライタワーと変更しました。

サンプを足したので水量も増えたし、一番最初に濾しとるようにしたので安定するかもしれません。

又ポンプも流量を調節出来るものに変更し、循環量を若干上げてみました。

ちなみにウールは頻繁に洗浄出来るように引き出し式にしております。
http://www.youtube.com/watch?v=5LGQ0xX-hgE

今朝はフエも動きが良くなったように感じました。
元気になった姿を見せる事が出来るかもしれません。

| Hon | 2010/10/11 09:05 | URL | ≫ EDIT

おかげさまでフエ君復活しました。

手ほどきありがとうございましたm(_ _)m


http://www.youtube.com/watch?v=E6z2gPEuDVY

| Hon | 2010/10/13 08:09 | URL | ≫ EDIT

■Honさん

辺コメ遅くなってしまいました<(_ _)>

>おかげさまでフエ君復活しました。

やりましたねっ♪
動画を見る限り、泳ぎっぷりも良い感じです。

>手ほどきありがとうございましたm(_ _)m

いえいえ、Honさんの努力の賜物ですよ!
素晴らしいと思います(*^o^*)

| かっしぃ。 | 2010/10/18 23:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaetodon.blog115.fc2.com/tb.php/68-37574234

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。