チョウチョウウオの長期混泳飼育をめざして

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Step by Step 3

前処置の済んだライブロックの中から、
魚の遊泳動線を考えつつ、形状の良いものを選別していきます。
重量で12~13kgくらい。
全部で25kgほど購入しましたから、約半分です。

前処置完了

残りですか?捨てたりしませんよ。
ちゃんと他の水槽で使います(笑)

ある程度、レイアウトしたら
動線確認に何匹か泳がせてみます。

動線確認

チョウチョ達が通れない箇所は無いか、
岩組の中へスムーズに出入り出来るか・・・
2~3日じっくり観察し、
改善が必要なところがあれば、この段階で修正しておきます。

動線確認

チョウチョに限らず魚メインの混泳水槽では
やむを得ず魚病薬を使用しなければならないケースが発生します。
ライブロックを入れている水槽でも、
必要な時に躊躇なく魚病薬を使えるようにしなければなりません。

幅広い生物層を保持しているライブロックであればあるほど
表面の付着生物が多様で、
魚病薬に対するダメージを予測することが困難です。
付着生物のダメージによる不安定さは水質の急変を招きます。

そのため、あらかじめ魚病薬に弱い付着生物は
取り除く必要があるのです。
また、流通しているライブロックの中には
魚病の発生を誘発する要因を持っているものがありますので
それらに対するリスクも低く抑える必要があります。

いろいろ試した結果、ライブロックを魚混泳水槽に使う場合は
必ず現在の方法で前処理をしています。

この方法であれば、
現実として多種多様な生物層は失われるものの、
ライブロックとしての機能がある程度残ります。

けれども前処置をしたライブロックだけで
濾過性能を期待したら駄目ですよ。
魚混泳水槽では、処理水量の多い濾過システムが
必要不可欠ですから。。。

| 飼育器具 | 23:35 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちわ!!!
記事のアップを首を長~~~くして待ってました♪

先日アップされてた記事のライブロックの薬浴。。。
なるほどって思いました。
しっかり手間を掛けた立上げ。。。
参考になります(^^)v
次の記事も楽しみにしてます!!

| azu | 2011/11/03 12:15 | URL | ≫ EDIT

■azuさん

ホントは前回記事から間をあけずに・・・
と思ってたんですけどね(苦笑)

業務が多忙となってしまい、
記事をアップする気力がありませんでした(汗)

>なるほどって思いました。

そう言っていただけると嬉しいです♪
次の記事は間隔をあけずにアップしますよ(予定)



| かっしぃ。 | 2011/11/03 21:27 | URL | ≫ EDIT

綺麗ですね

アフリカ生まれの超巨大なケヅメリクガメ軍団と生活している『ケヅメ所長』と申します。
全国から、飼育不能となってしまったケヅメリクガメを受け入れて、現在、24頭を飼育しています。
幼稚園、福祉施設などへカメを連れて行き、動物愛護、命の尊さを再認識して頂くべく『ふれ愛いケヅメイベント』を展開中です。
ケヅメの可愛さは、生中継の動画をご覧下さい。
疲れた時は、ライブカメラへアクセスしてケヅメ軍団を見て癒やされてください。

| ケヅメ所長 | 2011/11/04 15:39 | URL | ≫ EDIT

■ケヅメ所長さん

>幼稚園、福祉施設などへカメを連れて行き、動物愛護、命の尊さを再認識して頂くべく『ふれ愛いケヅメイベント』を展開中です。

ブログ拝見致しましたが、そのような活動をされている方がいらっしゃるとは知りませんでした。
24頭を状態良く維持するのは大変だと思いますが、頑張ってください。

| かっしぃ。 | 2011/11/04 22:12 | URL | ≫ EDIT

なるほど、そう言う事かぁ~お利口になりました。(笑)
手間を掛ければ魚水槽でも治療出来るんですね!

関係ないですが、ホイフラー?バタフライは
サウスアフリカンとは別物なんですか?

あと・・・カメに興味でましたぁ?(笑)

| ぴー父 | 2011/11/05 02:02 | URL | ≫ EDIT

■ぴー父さん

>ホイフラー?バタフライは
サウスアフリカンとは別物なんですか?


一応、別種となっています。
背鰭軟条部(概ね頭から数えて3本目のバンドより後ろ側)
が付け根まで黄色系の色に染まるのが
C.marleyi(サウスアフリカンバタフライ)とされ、
縁側だけ染まる(背鰭軟条部の半分位は体色と同じ白系の色)のが
C.hoefleriとされているようです。

>カメに興味でましたぁ?(笑)

チョウチョと同じくらいまでの興味はないですけど
チェリーヘッドアカアシ?なんかを見ると
可愛いなぁって思います(笑)

| かっしぃ。 | 2011/11/05 22:08 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです

今、我が家もアクシデントがあり、急ピッチである計画を進行中です

ライブロックも新しく、天然海水と同じ海のを注文中

各段に状態が良くなるそうです

ユウゼンも貴重なバタフライ達も元気そうですね

これからもブログ楽しみにしてます

| 修 | 2011/11/06 22:35 | URL | ≫ EDIT

■修さん

>ライブロックも新しく、天然海水と同じ海のを注文中

全く異なる海域の組み合わせよりも良いかもしれませんね。
海域合わせを無駄にしないためにキュアリングはしないと思いますので、
ライブロックをいかに短時間で輸送出来るかがポイントになりそうです。

| かっしぃ。 | 2011/11/07 01:09 | URL | ≫ EDIT

そうですね

千葉の綺麗な外房の海からなんで、かなり近いです

エアレーションもしてくれるんで大丈夫かなと?

カニとシャコには、気をつけます

握りつぶし位のを小さめを数個なんで調べやすいと思います

バタフライは、白点や白点に似た寄生虫が厄介なんで、対策や治療はどうされているんですか?

| 修 | 2011/11/07 09:15 | URL | ≫ EDIT

■修さん

>対策や治療はどうされているんですか?

状況によって対策や治療方法は違ってきますが、
過去記事でいくつか載せておりますので、
よろしかったらご覧になってみてください。

| かっしぃ。 | 2011/11/07 21:52 | URL | ≫ EDIT

初めまして。
いつも拝見させて頂いております。とても勉強になっています。

少し疑問点がありましたので質問させて下さい。

・GFGを使用してのキュアリングは、チョウチョウウオ飼育の為のキュアリング方法なのでしょうか?
サンゴ飼育用にも応用できるのでしょうか。
・>>>また、流通しているライブロックの中には
魚病の発生を誘発する要因を持っているものがありますので
それらに対するリスクも低く抑える必要があります。

病原菌がくっついてくる、と言う事でしょうか?

すみません、宜しくお願い致します。

| 花火 | 2011/11/09 19:38 | URL | ≫ EDIT

■花火さん

いらっしゃいませ♪

>チョウチョウウオ飼育の為のキュアリング方法なのでしょうか?

チョウチョに限りませんよ。
記事の繰り返しになってしまいますが、
魚メインの混泳水槽で必要な時に躊躇なく魚病薬を使えるようにし、
魚病の原因生物を極力持ち込まない為です。

>サンゴ飼育用にも応用できるのでしょうか。

サンゴを飼育していらっしゃるのかな?
花火さんがサンゴ水槽にライブロックを入れているのは、
何の為でしょうか?
それによって応用できるかどうかが違ってきます。

>病原菌がくっついてくる、と言う事でしょうか?

有益なものもありますし、そうでないものもあります。
病原菌だけがくっついている、ということではないですよ。
ショップの管理による状態の違いも大きいです。
ライブロックに必要性を感じ、導入する目的が大きければ
神経質になることはありません。

| かっしぃ。 | 2011/11/11 23:03 | URL | ≫ EDIT

お返事ありがとうございます

>ライブロックを入れるのは何の為

改めて聞かれると何のためなんでしょう??
土台として、水質浄化のため…
海水にはライブロックだと思い使っておりました><

ゴカイやウミケムシの増殖に困っておりまして
質問をさせて頂きました。
これからも参考にさせて頂きます!

| 花火 | 2011/11/12 13:34 | URL | ≫ EDIT

■花火さん

>ゴカイやウミケムシの増殖に困っておりまして

なるほど。けれども、ゴカイ類の多くは堆積した有機物を
処理したりしてくれる有益な生体なので、
出来れば駆除しないほうが良いかもしれません。

ウミケムシのように活動的な種類は肉食傾向が強く、
育つと飼育生体にダメージを与える場合もあるので
駆除したほうがよいです。
何よりライブロックや砂の上をうごめくので
何とかしたくなりますよね(笑)

現在のレイアウトを保持したままの場合、
ウミケムシを水槽の中から完全に駆除することは
難しいかもしれませんが、水換えのときに
小さいウミケムシをホースで吸い出すようにしていると、
気にならない程度にまで数を減らすことはできると思います。

4~5cm以上の大物は、
見つけ次第ピンセットで取り出すのが確実です。
コツをつかめば難しくはないです。
トラップなどを仕掛けて駆除しても良いと思います。

ご存知と思いますが、
ウミケムシに刺されると大変なので
間違っても素手では触らないようにして下さい。

>土台として、水質浄化のため…

ライブロックの用途が、
サンゴの土台のみとして明確に割り切れていないのであれば
GFGで前処理する方法をサンゴ飼育用に応用することは
避けたほうが賢明のようです。

ただ、そういう方法があるということを
知っておいていただけると嬉しく思います(^^

| かっしぃ。 | 2011/11/12 23:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaetodon.blog115.fc2.com/tb.php/78-0f21e254

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。